読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

 

だまされてたのがわかった。

つくづく素晴らしくろくでもない毎日だ。

 

毎日都内の電車が止められる。

誰かが自分の身をもってして止めてしまうのだ

事故が起こると人は皆怒る

ネットでも、駅のホームでも、動けなくなった車内に残された人たちも。

 

「死ぬなら人に迷惑かけずに死ねよ」

 

毎日毎日どこかしらで事故が起こるから皆麻痺してる

一人の人間が全てを終わらせたくて、どうしようもなくてふらりといってしまったこと

皆そんなことには気にも留めない

命を絶ったことを軽々しく罵る人ばかりで切なくなる

 

乗っていた電車の一本後ろの電車がだれかを轢いて止まった。

私の電車も緊急停止した

ツイッターで検索をすると小走りで線路に飛び込んだという目撃ツイートが拡散されていた。

その人の年齢も性別もわからないけど、その人にとってホームに滑り込んでくる電車の光は自分をあたたかく迎えてくれる希望の光だったのだと思う

その光の眩しさを私は知ってるから、私は絶対に当たり前のように日常に事故が組み込まれている人間にはなりたくないと思った

 

心に傷を負っている人が好きだ

痛みを感じたことのある人にしか人の痛みは分からないから

傷を負った人間にしか見えない色がある

私はその色が好きなのだ

 

会社にかかってきた電話で、とある作家の訃報を知った

その作家は女性で、まだ40歳だった

公には明らかにされてはないものの、自殺だということは明白だった

彼女はネットでもコラムを書いていた

とても自分と物事に対しての感じ取り方が似ている人だと思った

「40で死ぬ」ということを彼女は公言しており、その望みは残念なことに叶えられてしまった

 

私は、どんな生き方をしてどんな死に方を選ぶんだろう。

 

 

 

 

もうどうでもよくなった

 

 

簡単なことだ

こういう顔してこういうこと言えばいい

たまに目を伏せて物憂げな表情して

内緒だから

あなたならわかってくれるから

ねーえ、

 

みんなばかだからさあ

ばかだからすーぐ騙される

大人みーんなばかなんだもん

それぞれ綺麗に踊っててよ私が言うままにさ

 

 

 

 

「ーーーーー、んだよ」

 

 

 

 

「                   はそのままでいいんだよ」

 

 

じゃあなんで助けてくれなかったのよ

 

 

 

まじで日々が精神限界ギリギリチャレンジすぎてわろてまうわ

人が私を外に連れ出してくれる度に生きねば生きねばと思うけど仕事の時間になった瞬間に余裕で社の階段の踊り場から飛び降りれる、逃げたい。すべてから逃げたい。しあわせなんて嘘だから、張りぼてのしあわせなんていらないから、そんなものに期待する人生なんてもう嫌だから、早く誰か強制的に終わらせてくれたらいいのに。それで、誰かが泣いてくれれば私はもう十分なんだから

 

 

 

私が死んだらこの人は泣いちゃうだろうなぁって思うとその人のことがとても愛おしく思える。そういう人がいるならば裏切ってはいけない、という考えは理性が保たれている時にだけはたらくものであって、頭よりも心が、脚が腕が速く駆けてしまった時は取り返しのつかないことになっていると思う。

どう考えても自殺を回避する、という未来が浮かばないのだった。私が理性的であるうちに未来の展望だとか望みだとかそういったものを見つけられればいいのかもしれないけど、衝動が勝ればバラバラになるのも時間の問題だ

 

いっかいぜんぶやすみたい

生きるのを休憩させてほしい

 

 

 

 

 

例の如く絶不調であるのに関わらず欠勤せずに頑張ってんのマジで誰か褒めて欲しい

限界が来ると泣き叫びそうになるけど真っ暗な給湯室でフォークを腕に刺しまくってなんとか落涙しないように耐えてる

もういやだ、社会が向いてない

嘘もまともにつけない媚なんて売れない

苦しい苦しい早く死にたいって思いながら明日もまた朝起きて電車乗るの偉くないですか、なんのために働いてんだろう。義務だからか。そんなにバカ真面目に義務を果たした先に何があるというのだろう、私にはなんにも見えない

 

 

つまらない人間にだけにはなりたくなかった

それなのにいちばんつまらない普遍的な人生を歩み始めてしまった。一般的な。味気のない。

 

 

 

 

 

Googleで検索してたら死にたくなった

未来のこと考えて死にたくなった

なんで私こんなんになっちゃったんだろう

いやこんなんになったじゃない

こんなんに生まれてしまったんだろう、が正解だ

 

あまりにも迷路すぎないかな

私のいままでとこれから迷路すぎないかな

生きてるの楽しくない、なんにも楽しくないよ。いや、楽しいこともあるはずだけど負けちゃうんだよどう足掻いても。辛いこと悲しいことばっかりに埋め尽くされちゃうよ頑張っても頑張っても真っ黒なものには勝てない。いくらもがいたって離してくれない何度も頑張ってみたけど全部だめ。もうなんにもしたくない。早く死んでしまいたい。信じたかったものはみんなゴテゴテのどす黒い巨悪の権化

血みどろの花束をあげる

 

わたしは天使だから

そうよ天使だから

天使じゃ地上じゃちっそく死だから

 

 

 

 

薔薇

 

 

悲しいこととか飲み込めないこととか増えてきて苦しい時どうするかというと散財。よくわからないまま買い漁ってしまう。そろそろやめてしまおう。自分を守るために。電車の窓に映る自分が嫌いでぶち割りたくなる。自衛のそばから矛盾

年上の人たちの話を聞いていると私は無理だと思った。私はこんなに生きていられない。生きるという活動を行い続けていくなど、私には無理だ。向き不向きの問題で私は圧倒的に不向き。そもそも長く生きたところでなにがあるというんだ、人は変わっていくというのに未だに受け入れることのできない私は海岸に取り残されたまま波が砂をさらって少しずつ確実に深いところまで沈んでいく

 

f:id:blessedmary:20161005215910j:image

 

こういうの当たりすぎるんだよな私

仰せの通り私はこの身を人質にして顔色を伺ってる。いつだってナイフは円を描く準備ができてる

十字架を背負わせたところで、負けは確定してるのに。