庇護雑記

フィクションだから。

舞い上がる塵

 

寒かった。

冷たい風が容赦なく吹くせいで細かいラメの入ったグロスを丁寧に塗った唇に髪がくっついて最悪だしデニムのスカートですら捲れそうになるし氷みたいに冷えきった手を温めるために自販機で好きでもない甘い飲み物を買った。こいつは駅から徒歩2分の会社につくまでの短い命だ。デスクに置かれたそれは一瞬にしてぬるくなりただの甘すぎる液体に変わったために給湯室のシンクに流れていった。130円。

 

風に吹かれてるうちに自分の身が散り散りになっていく気がした。キーボードを叩く指が自分のものでない感覚に陥る。受話器から話しかけてくる地方の取引先相手の声が非現実味を帯びていくのを感じるけどなかなか現実には引き戻せない。

目を合わせて笑ってみたり、合間に雑談を挟んだりくだらない冗談を言ってみたりしながら、手元の裏紙に書きなぐった呪詛の言葉を誰にも見られないように1枚1枚丁寧にシュレッダーにかけた。裁断されていく音が好きでどんな作業よりも大切に行う。

 

なぜだか悲しかった。いつも改札に立ってるメトロの駅員さんの髪が短くなってたこととか、毎日来る宅配業者の人の肩が雨に濡れてたこと、誰も欲しがってくれない注文書のコードが実は1桁間違ってたこと、投げかけたけど届かずに掴んでもらえなかった声、とか。

私だけが気付いてるけど誰にも引っかからなくて流されていくこと、多分たくさんある。

私が気付くことで私の心にかすり傷ができたとしても、私にはなんの関係のないことだってたくさんある

隣の部署にいて毎日、共通の話題で少しだけ話す地味めの雰囲気の女の人の胸が超でかくてびっくりしたのは今日のことだ。マスカラを変えたせいで私のまつげが抜け落ち始めたまつエクみたいにところどころで長さがバラバラで納得いかずに1日過ごしたことは誰も気付いてない。

私がどんな想いを抱えて笑ってるかなんて誰も分からないだろう。

自分の好きな人の評判をみるとだいたい落胆する。ロリコンとかヒモとかチャラだとか。

それらは私の人生に何の関係もないのに少しだけなにかが削り落とされた気分になる。人の目に晒されないようになるべく早くウィンドウを閉じる。みんなは知らなくていい。

 

誰も知らないうちに私は消えて、はじめからなかったものになっていくのだ。じゃあまたね、バイバイ、と笑顔で手を振って相手が見えなくなった瞬間に真顔に戻ってスマホの画面を見つめるみたいに。振ってた手はポケットに仕舞われてまわれ右して歩き出すみたいに。色んなものにお互いが背を向けあって離れていく。繋いだ手も冷たくなっていくのだ、最後は。そのことを考えて、誰よりも先に考えているから砂みたいにパラパラと目に見えないくらいの細さになって空で散りたいと思ってしまう。強風でどこからか飛ばされてきた新聞紙みたいになるのは無様にも程がある。

 

130円2分の命。私はそれと大差変わらないことに私だけが気付いているこの世界で、あっという間に記憶から流されていくそう遠くない未来に対して、もがくこともせずただぼうっと待っている。待ちながら自販機で買ったまだギリギリあったかいカフェラテを喫煙所で飲みながら下書きを更新して晒す。

 

 

冷たい花

 

 

軽く心配されるのは正直嬉しいけども

だけど過度な心配はかけられないから本当のことなんて言えなかった。言うつもりもなかったけど

嘘なの?って言われたら嘘なのかもしれない。少なくとも真実ではない。だけど演じることに慣れてしまった私はコントローラーが手元にある限りは周りが望むピエロを糸で操るのだ

私はそれでいい、適度に本音は言えているし根っこの部分までは掘り下げられないけれども私はそれで十分だ

きっと土をかき分けて根の一番端まで引っ張り出してしまったら二度と咲けないし二度と立てない

苦痛を養分にする代わりに花を咲かせられるなら私はそれで構わない

美しくない、歪んで濁った色の花になるかもしれないけどそれはそれでひとつの個性として愛でられる日を信じて太陽の光を浴びたい

 

いつの日か

 

 

 

 

最後の夢

 

どうなったっても構わない

私の世界を開放させてもらえるならなんでも

 

書類に2017年と書いているときに思う。未来だと思ってた世界線で今私は生きてる。子供の頃、2017年なんてもうすこし発展してると予想してたけど、相変わらず朝の電車は遅れるし車は空を飛ばない。月までエレベーターで行けるようになると聞いてから何年経っただろう。未だに遠くの空で真っ暗闇にぽつんと白く光っているただの形を変える球でしかない。意外としょぼい現実で、仕事にももう慣れてしまって機械的な毎日を送っている。仕事内容だってもうしょぼく感じる。何のためにこんなことしてるんだろうと思う。何のためにエクセルに数字を打ち込んでコピーをとってハサミを入れてメールを送って電話を繋げているんだろう。無意味だ。退屈で味気ない、変わることといえば体調くらいだ。身体は壊れていくのを止めない。ネジやナットの落下が止まらずに様々な病をコレクションしていく。もううんざりだ。

 

直線だらけの腕が癒えてくると物足りなくなって、新しい叫びを刻みつける。皮膚に冷たい光をあてるたびに普遍的な幸せが遠ざかっていくのを感じる。それでもやめられない。浅いから大したことはない。心の傷に形を与えたいだけ

 

 

いつからこうなってしまったんだろう

いくら手を伸ばしても掴めない、そんなものばかりいつだって私は欲しがって灯台もと暗しな十数年。

 

人に振り回される自分を客観的にみて至極滑稽に感じた。人の話を聞いている暇も面倒を見ている暇も私にはないのに、なにをしているんだろう

と思ってすべてを断ち切っている。断ち切ったところでなにか影響が出るわけじゃない。サンドバッグだっただけだ、とやんわり察した

 

人は恐ろしいし簡単に手のひらを返す。

美しい君だって、腹の中ドロドロだったもんね

 

小さな女の子の死体を大切に抱きしめて愛でている夢を見た。人形のようにピクリとも動かずサラサラの黒い髪と目が印象的だった。薄い色の小さな唇を指でなぞるとひんやりとした冷たさが伝わった。私は少女を誰にも見つからないようにクローゼットの一番奥に押し込んだ

あの子供は、幼い頃の自分であったと思う。

 

 

 

突き破って

 

 

久々に近所のイオンまで年越し料理の食材を買いに行った。サティからイオンへと名前は変わったが店内はサティ時代のままで、時が止まってるように感じた。

サティによく行っていた頃において良い思い出は全くない。友達とは話が合わなかったし、与えられた義務を遂行するかのようにピアノを習い、好きでもない絵を描きながらダサい紺のセーラー服を着て、半分ヤンキーみたいな友達と坂道を下ってこの中途半端な都会であるベッドタウンで退屈な日々をただただ消化していた。あの頃に同じ教室にいた人間のことは何の思い入れもないし会いたいと思うはずもない。つまりこのイオンは、私の中ではサティのままで、ここに来ると私の古い記憶がすべて掘り起こされる言わばパンドラの箱だ。

 

約10年前の今日、サティで買い物をした帰り道に気持ち悪い男に話しかけられ、腕を強く引っ張られ駐車場に連れていかれそうになった。私は持っていたボックスティッシュ6箱セットで顔のあたりをぶん殴り、無理矢理腕を振り払って一番近くにあった花屋に飛び込んだ。あの男の顔と男の背後の夕暮れを未だにハッキリ覚えている。

 

この土地に名残惜しさなどなにもない。一刻も早く離れたい。そう思っていた。

けれどもいざ引っ越しの話が現実味を帯びてくると、何故かすべての景色にノスタルジーを感じた。バカでかいパンドラの箱や、あの忌まわしい駐車場ですら。

 

年女だ。よくもこんなに長く生きたと思う。

こんなに生きているとは思ってもみなかった。自分でも違和感しかない。ただ友人から喝を入れられてから、生きていくことに青いフィルターをかけなくなってきた。自分には大切な存在がたくさんいるという揺るぎない事実が私をいつだって立ち上がらせる。サティでは見つけられなかった、少し外に飛び出して出会うことの出来た大切な人たち。このたくさんの手を、握りしめた私は結局幸せ者なのだ。すべてを手放してしまっていたら、窓の外にノスタルジーなど欠片も感じなかっただろう

 

正月とはいえ普通の1日だ。午後に友人ととある場所に行って、きっと大いに幸せな気持ちでまたこの大嫌いな土地に帰ってくる。

私の左の腕にはまだ消えないたくさんの傷跡があるし、机の上には私を生かす錠剤が転がっている。壊してしまった鏡やちぎったカーテンも捨てそびれたけど、全部全部ひっくるめて、私は私の1年を生きていくでしょう。

 

私を救ってくれた大切なものだけを抱えて。

 

 

 

 

今日は5億年ぶりに一度も死にたいと思わなかったのではなまるください

おやすみなさい

 

 

 

 

友達に「心の自傷はもうやめて」と言われて

なるほど無意識のうちに自傷しまくってたんだなと気付いた

そんなことしても幸せになれないよって、ほんとそうだよね。全然自覚なかったけども。

 

精神をズタボロにしてから身体も壊れたので

今週欠勤してしまっている。クズですね

頭痛と吐き気とめまいで死にそうだ

 

明日は行かないといけないんだけども。

ぜーんぶ助けてくれたらいいのに

そろそろもういいじゃない

私耐えたよ

 

 

loop

 

絶望する

ボロボロに傷つける

死のうと思う

誰かに止められる

止めてくれる人の大切さを噛み締める

大切な人を裏切らないようにしようと決意する

絶望する

傷つけまくる

死のうと思う

 

このサイクルを一体何度繰り返したら私は正常になれるんだ。いい加減にしろと自分をぶん殴りたい。だけど壊れてしまってるから、部品がバラバラに散らばって全然埋め込めてないから、きっとこの先も大きな絶望を味わう度に血も涙も無駄にして本気で死にたくなるんだろう。選択肢として死が浮かび上がらなくなるまでどれくらいの時間がかかるんだろう。

 

 

私を好きでいてくれる子に目から鱗な言葉をもらって、早くまともにならないといけないと思った

過去に私の自殺を止めてくれた人のことを酷い目に遭わせてしまったことは今すごく反省してるの

ごめんね