読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

冷たい

 

どんなことでもポジティブに捉えて生きている人の精神構造がまじで分からない。一日だけで良いから超ポジティブ人間に憑依して一つ一つの出来事に対してどのように脳内と精神で処理しているのか解析させてほしい。

多分私のネガ感情はかなりの程度だと思う。誰かに話しかけた時、目を全く合わせてくれなかったり私の隣にいる子のほうしか見ずに話されると、そんなに私を視界に入れたくないのかなとか私に近寄られるの嫌なのかなとか思って勝手にブルーになる。syrup16gとか聴きたい気分になっちゃう。世界を作るゲームがあったとして、日本がバグって一億総自分になったとしたら自分のネガ感情とネガオーラのせいで異常気象とか天変地異とか起きまくって人類滅亡させられる自信がある。リアルデイアフタートゥモロー的展開余裕であり得る。まあ、それくらいネガだって話。でもネガにならざるを得ない生き方を自らしてきたと思う。

 

色々とあったけど自分が悲劇のヒロインだなんて思ってないしなりたくもない。そもそもなんだ悲劇とかいうカテゴリのステータス。誰得なんだ。私と同じように生きてきた人だって日本にはたくさんいるし、もっと辛い経験をしてきた人だってたくさんいる。例えば家族を目の前で殺されたとか、電車を待っていたら目の前に並んでいた人が滑り込んできた列車に飛び込んでその一部始終を見たとか、そういう人だって世の中には確実にいるはずであってその人たちの方がよっぽど経験で言ったら悲劇以外の何物でもない。

だから私は悲劇的に生きてきたのではない。悲劇的な性格を持って生まれてしまったのだ。

楽しかった記憶も幸せな記憶も大切なはずなのに全部意に反して薄れていく。その反面、嫌なこと傷ついたこと辛かったことなどの記憶だけが原色を留めて一切色褪せない。セピアにすらなってくれない。あまりにも脆弱なメンタルと強烈な自己否定感を根底とする悲観的な性格を持って生まれてしまったが故に、普通なら乗り越えられるはずのものだって乗り越えられずにいつまでたっても鋭利に私の核を抉り続けてる。いい加減にしてくれ。

運動大嫌いだったけど体育の授業でやってたハードルはめっちゃ得意だったし、大縄の八の字跳びも後ろの子に背中を叩いてもらわずとも前の子と間髪入れずに自分で入って跳べる子だったのに、人生は全然上手くいかないこけまくってる。何回も縄がぶち当たって痣だらけだ。

 

はあ、、、もうすぐ怒濤のテストレポート期間だ。。頑張れるかな…私の予想としては6くらいかな…それくらいで済ませたい。何が?秘密です。

 

 

もうアイドルとか見たい気分だ。はい。


モーニング娘。'14 『What is LOVE?』 (MV) - YouTube

 

生田可愛いよー生田推しなんじゃー全然映らねえ〜でもこの曲好きー

ちなみに生田は黄緑です。色がまた微妙なんだよなあ。

アイドルで生田と言えば生田斗真生田衣梨奈だったのに某46にバケモノ級ハイスペック生田が登場してしまったのは本当に痛い。ついてない。しかも名前似すぎ。こんなことってあります?でもサブリーダーになったことだし、目立てるポジションつけるかも。生田頑張れーもっとでしゃばれー。