庇護雑記

フィクションだから。

昨今の音楽シーンにおける個人的考察

 
勉強のやる気が切れたから息抜きに書く。
 
かまってちゃんの売り上げが結構深刻。
なんでなんだろう。最悪なパブリックイメージのせいで聴いてみようっていう気になる人がいないんだろうか。とっつきにくいのかな。確かに初期はダウナーなアングラ感満載だったけど今はメジャーにふさわしいポップもたくさん展開してるよ。の子さんは売れ線狙ってくれと言われれば応えられる人だ。でもきっとたぶんだけど、自分の身を削って創作していくタイプの人だから商業的音楽は向いてないというか、ぶっちゃけやってほしくない。音楽をやる理由が根本からあの人は違う。そして売れ線作ったところでそれが本当に世間に浸透するかは全くの別問題だ。
きゅーーそは順調にタイアップも決まってトントン拍子だけどあの歌詞の路線だとネタ切れが来そうでそれだけが心配だ。それでいてまだメジャー1年しか経ってない。3年後大丈夫かな。。でもビクターはやっぱ強いなと思った。ワーナー、頼むよ...
 
私が好きなジャンルってオルタナは当たり前だとしてその他はエレクトロニカ、ドリームポップ、シューゲイザーニューウェーヴとあとポップロックあたりだと思ってるけどその辺の定義が曖昧だしジャンル多すぎるからよくわかんない難しすぎる。
 
かなぶーーーんが売れたのは納得だ。ダンスビート、通称卑怯ドラム多用しすぎなのは置いといて、ゆらゆらゆらゆらとか、フルドライブフルドライブとか、繰り返してるだけやんけと思いつつも1音に対する言葉選びは上手い。無理やり言葉を詰め込んで歌ってる曲、ほぼない気がする。全部の音源確認したわけじゃないけど。彼らは1音に対してぴったり当てはまる言葉を乗せるセンスが抜群にある。その相乗効果で同じ言葉を繰り返しまくりの歌詞もフェスウェイ族や中高生あたりには中毒性という魔法の言葉に変換されて大ウケだ。実際駆け抜けろ青春感溢れてるし、制服自転車二人乗りのBGM感が半端ねえ。ソニーの戦略勝ち。ゲスも同様に雰囲気と時代の流れに乗っかった感と戦略勝ち感しかない。こっちは同じワーナーなのに。
 
終末世界はなんだろうね。漢字表記の頃は友達の影響で数曲知ってて普通に可愛い声だなーとか、綺麗な曲だなーくらいにしか思ってなかったけどまさかこんなに売れると思ってなかった。英語表記になってからというもの聴くたびにネズミーランドみたいな曲だなって思う。日本人ネズミーランド異常なほど好きだしボカロが生まれてから若い世代を中心にあーゆう打ち込み系サウンドが何の抵抗もなく受け入れられてるっていう背景もブレイクの後押しになってるのかな。曲は興味ないけど深瀬はの子とめちゃくちゃ仲良くしてくれてるからそこはまじで感謝ですね。数年前あんなにdisってたのに今となっては親友かよ笑
 
ただこれだけがわからんク◯ープハ◯プ。「死ぬまで一生愛されてると〜」の1枚だけiTunesに入ってるし実際好きな曲もある。ABCDCとゆーさんさんは良いと思う。でもあのバシバシ来る性的サブカル感がだめだ。まず性的な時点で無理だ。林檎もそうじゃんとかいう人いるけど林檎は全然違う。言葉遊びと文学的変換がめちゃくちゃ巧妙にされてんだよ。でもこっちは直球すぎる。聴いてるとだいたいびっくりする。
女は歌詞重視、男はメロディ重視理論が存在するがそれは男に洋楽好きが多い時点で裏付けが取れてる気がするのでこの理論は間違いではないと思う。そんな中私はメロディ重視という理論クラッシャーだが常にマイノリティをいってる自覚はあるのでここはスルーしておく。
それで、この理論でいくとなんですか、ク◯ープの歌詞に共感してる女が山ほどいるというわけですよね?ええ?世の中どんだけ風俗嬢いるんだよ。意味わからん。そこまでいかなくてもどんだけ世の中パッパラパーの一夏系恋愛オバケやドクズ男に引っかかってる女が多いんだ。今度会ったら〜って、ええ??????びっくりするんですけど。それ普通?世間こわ。自分が少数派すぎて生きずれえ。潔癖堅物のお嬢ちゃんドン引きですけれども。あ、大事な点だから言っておくけどdisじゃない。純粋になぜ市民権を得てるのかが不思議でたまらないだけ。むしろ誰か教えてくれって感じで書いてる。メロはいいと思ってるよ。
その点かまってちゃんは手を引こうとしても掠ってしまうんだよ。握れないんだよ。キスしてもズッこけちゃうんだよ。長い信号を待つ間、少しだけ言いたいことがまだあるけど言えないんだよ。そんな好きだから〜あえて言わないだけです。だよ?今日の続きを信じるだけで、だよ?なんだよこれ...可愛すぎかよ...大好きだよ.....
 
電車で前の人が立ち上がってあーやっと座れると思ったら見た目が完全にザイル系の人間が登場して私を押し退けて座って、なんなんだこのザイルは、どうせザイル聴いてるんだろ、って思ってiPod覗いたらやっぱりザイルだった。正確に言えば三代目なんちゃらブラザーズだった。私からすればどっちも同じようなものだ。
二重にする道具を使いこなせてなくて瞼がぐちゃぐちゃになってる上に、カッターナイフみたいなつけまつげと白目どこ行ったんだってくらいでかいカラコン入れてる同世代らしき女の子が聴いてる曲をちらっとみたらテ◯ラース◯フトの私たちは絶対ヨリ戻さないわよっていってるアレだった。なんちゃらハウスのせいでイメージが悪い。この曲がDQNの披露宴で多用されてるらしくて笑う。離婚するだろ。段取りの時点で親族誰か気付けよ。

ザイルにもテ◯ラーにも罪はない。好んで聴いてる人間と私が対極な人間なだけであって別に嫌いじゃない。むしろテ◯ラーは超可愛い。顔が可愛くてスタイルがいい。でも私は知ってる。あの詞は、決して和訳してはいけない類のものだ。その瞬間に全てが冷めるだろう。興味が全くないものは完全スルーの私だけどこういう音楽が売れてるという現状、スルーできるわけがない。だってこれじゃあ私の好きな音楽が日の目を見る日なんてくるわけがないからだ。

かまってちゃんはずっとメジャーにいてほしい。インディーズの方がもっと好き勝手やれるかもだけど本人がワーナーでやって行きたいと言ってる以上ワーナー様お願いしますという気持ちしかない。
巻き返せるんかな。一時はオリコン9位までいったんだよ。すごいよ。あれを全盛としてほしくない。でもどうすればいいんだろうね?
あー石油王と結婚してCD100万枚くらい買ってあげたい。でもそれじゃ全く意味ない。分かってるよそういう話じゃないってことくらい。でもそんだけしてあげたくなっちゃうくらい、やばい。売れちゃうのも嫌だけど、生活が厳しいメンバーを見てると辛くなる。シビアな世界だ。


神聖かまってちゃん「フロントメモリーfeat.川本真琴」 - YouTube

主演にガキさん、メインボーカルに川本真琴さんを招きPV監督にスミスさんを起用するというド直球メジャー活動に挑戦した昨年のかまってちゃん。どう考えても良い曲なのに...。の子の女装じわる。でも可愛いよ。

 
息抜きに書くとかいって1時間もこれ書いてた。アホかよ。むしろこれで単位くださいよ割とちゃんと真面目に考察したつもりなので。