読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

あえて


夜中真っ暗な部屋で微睡みながら聴く音楽
の子みさこちばぎんものくんセイヤくんソゴウとヨコタと他も
褒められると照れまくるとこ
尖っててクズなくせに根が優しいとこ
真面目な表情を横から見る
文字を書いたり本を読んでるところを見る
ガラス越しの意思疎通
朝5時の冷たくて正直な空気
青と水色のパッケージのお守り
ブルーのジュレーム マスカットの香り
アクアレーベルの青いボトル
あの子とあの子と1234...指折り数えて
名前を呼んでくれる人
ちゃんななななちゃんとかいう変な呼称
「それななちゃんが一番苦手なタイプじゃん」なんて話を先回りされる時
36度くらいの目

イチゴと桃と海老とはっさくとちょっと辛いのとちょっと甘いのとミルクティーと茹でたレタスの葉の部分とジンジャーエールとあのお店の酢豚とスタバのシナモンロールと抹茶アイスHARIBOのクマのグミ

銀座線が渋谷に入る瞬間と夜の表参道の左側と
大学のプラネットで一人でぼんやりするのと
ガラスに反射して散らばる白熱灯の光

耳の軟骨の形と瞼の二重線がお父さんとそっくりなとこ
長めの指と爪と青い白目と傷みにくい髪
ピンク寄りのアイシャドウ
お湯で落ちていくマスカラ
もらったチークもらった口紅もらったグロス

ニューヨークで買ってきてくれたお揃いのゴムブレスと友達手作りのコットンパールブレスレット
私に魔法をかけて閉じ込めてくれる一眼
微塵も女子大生らしくない会話
振り返って目が合う瞬間
夜道が明るく感じるいろんな色の声
一瞬で回ったように感じる時計の短針
電車の中で友達と笑いを堪えてる瞬間
「また明日ね」が孕んでいる不安定を知らないでいられる時



だい     き。




なつかしや。
メイド姿の臼田あさ美が可愛い

今ではすっかり俳優業が板についてしまった大知くん
朝ドラの好青年イメージしか持ってない人は大知くんの声と歌い方にびっくりするんだろうな
なんで黒猫うまくいってないんだろ
ガレージロック感が薄まった最近の 恋はpeach punk とか サニー とかすごい良いと思うんだけど

とりあえずCans Of Freak HitsをiTunesに入れたいから誰かTSUTAYAカードを貸していただきたい