庇護雑記

フィクションだから。

金曜日のリフレクション



20151118 水曜日のカンパネラ

いってきたよ。ひとりで。
整番700ちょい。誰のライブでも「前で観たい欲」が皆無だから開場の30分後に現地に着いたらまだ開場されてなかった。びっくりした。大雨の中無言で直立不動で待つこと30分弱。開演時間になってやっと番号が呼ばれだした。私は30分遅れで来たから別にいいけど、1時間以上待ってた人がたくさんいて空気がヤバかった。ピリピリしてた。
入場してからも全然始まらなくてジンジャーエールを飲み干した。カバンのポケットに入れるために小さくプラコップを折りたたんでたら無理に折りすぎて私の手からぶっ飛んでいって前の人の頭にヒットした。モジャ頭で関西弁のおじさんだったからビビった。でも笑ってもらえた。始まるまで暇だから新書を読んでたらさっきのモジャ関西おじさんに「お嬢ちゃん難しいの読んでるなぁ!ハァーーッ!」と関西文化”なれなれしい”の洗礼を受けた。早くも酒がまわってるようだった

結局45分押しで開演。私は本読んでたから体感時間短かったけどライブ後にエゴサしたら割とキレてる人が多くておおぅ、と思った。親戚のお姉ちゃんが数年前X JAPANのライブのために遠征してうちに泊まりに来た際、2時間以上押したと言ってた。でも全然怒ってなかった。今回の件でキレとるひとはうちの親戚の姉ちゃんを見習いなされ。ファンとはこうあるべきだ

ニューアルバム『ジパング』を引っさげて全国をまわるその初日、まず思ったのは水曜日のカンパネラ、めっちゃお金ある。セットとか演出とかヤバイお金かかってる。なにあの今後は用途ないであろうバカでかい地球のやつ。あと人件費も半端なくかかってる。どこからそんな潤沢な資金が??インディーズだよね?ほわ??

コムアイちゃんは圧倒的に華がある。あの大きなステージに意外と小柄なコムアイちゃん、しかし存在感がすごい。1歳しか変わらないのにすごい人がいるもんだ

ライブ自体は良かったけど本音を言うとニューアルバム、私はあまり引っかからなかった。シャクシャインは好きだけど。シネマジャックと私を鬼ヶ島に連れてってがお気に入りすぎたあまり若干方向性を変えてきた新譜はうーん、ハテナ。しかしライブのセトリは当然ニューアルバムの曲ばかりなのでこれまた、うーん。ゆえに不完全燃焼感はある。せめてミツコと千利休は聴きたかったな。あとなぜ同じ曲を2回やった?ちょっと理解できない

人気上昇とその人気をさばく運営の能力に正の相関が見られないのが一番問題じゃないかしらと思う。前回の東京キネマ倶楽部もだいぶ押したみたいだし。毎度毎度こんなことになってたらさすがにポーイされちゃうよ日本人飽きっぽいし

ただコムアイちゃんには罪ないから。
可愛いなあがんばれ。がんばれ。





これも好き。
そして山田孝之のポテンシャルの高さたるや