庇護雑記

フィクションだから。



楽しかったなあと思うと
あほみたいに悲しくなって
楽しそうなところを見てると
あほみたいにぽろぽろしながら
寂寞感に埋め尽くされて

迷って悩んで考えて苦しんで
もうそろそろ答えを出さねばならない時が
きてしまうのだなあと
風にめちゃくちゃにされた
綺麗にしてもらいたての髪の香りが
目の中に入ってキラキラして
またあほみたいにポロポロしながら
願い銭をぶん投げて
また明日めがけて目覚ましかけて