読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

 

死にたすぎてのたうちまわる

首吊るのはなし 飛び降りはあり

練炭と薬ならきれいなままかな

夢で見るのは銃で心臓撃ち抜かれるやつ

花火みたいに美しく弾けて終わる

 

 

あの人死にたいって思ったことあるのかな。なかったらほんとに尊敬してまうね。辛いことたくさんあるだろうにすごいよね。ネットの海で可視化してしまう私とは大違いだなぁ。病気だからずっとこうやって考えてしまうのかなあ あなたの病気は20代後半まで耐えないと治らないからね ってウケる。人生における重要部分潰された

自分のこと嫌いすぎて気が狂いそうになる。私と関わってくれる全ての人に申し訳ないけど自分をめちゃくちゃに引きちぎりたくなるぐらい嫌いだ。自分のこと愛せなすぎて私の魂が可哀想。でもこの入れ物を選んでしまったのはあなただから。入れ物の脳と心が苦しんでる以上あなたも一緒に苦しんでね

遺書には割と書くことがない。死ぬ間際にベラベラ喋るやつがいないのはそういうことかぁと思った。いついつとか全然わかんないけど、今かもしれないし5年後10年後かもしれないけど。がんばるのをつかれたわたしは通り過ぎてく電車を眺めながら、イヤホンからの音楽がただの騒音に変わる前にきれいなままサクリと行きたい