庇護雑記

フィクションだから。

 

 

わかってくれないならいらないいらない

私には必要ない

そんなにこの個体が好きなら全部に目をつぶって

私の目の色が変わって手を上げてもみないで

陽の光に透かすと浮かび上がる幾多の傷跡も

ばれないように足にひいた横線も

胸に刻んだ十字架もぜんぶ目を瞑ってよ

見ないっていう愛をこの目で見させて

 

それができないならいらない