読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

そうですね。わたし、可愛いんで。

 

チョコレート、アイス、マカロン、ケーキ、可愛いものみんな溶けて、私の一部になればいい

 

可愛いのかたまりを次々と摂取しては吸収しきれずに吐き出されていくドロドロの可愛い

可愛いことだけが正義なのだ

 

可愛い、可愛い、可愛い。

女の子はそれだけで生きていけるのです。

生きる価値があるのです。

 

おんなのこきらい

 

f:id:blessedmary:20170312021511j:image

 

森川葵ちゃんが好きで、観た。結果、鬱である。珍しく、レビューとまではいかないものの映画の個人的な感想を書く。盛大にネタバレをしながら感想を書く。

 

可愛いことを自覚し、可愛いもので身を固め他者からの「可愛い」の声を酸素のごとく必要として生きる主人公キリコ。清々しいほど「わたし可愛い」だから女たちからはめちゃくちゃ嫌われる。でも周りの男たちからは可愛いの声を浴びまくりアイドルのように持ち上げられている。最大の自己肯定である「可愛い」を浴びつつも、なぜか満たされないキリコは可愛いスイーツで心の空洞を埋めようと過食して、嘔吐する日々を送っている。

必死に可愛いを求めるキリコの姿を見ていると、可愛いという言葉がいかに毒々しいかを思い知らされる。

可愛い、という漠然とした概念は、往々にして人を追い詰め、あるいは苦しめ、思考や精神を蝕んでいくものだと思う。

死に物狂いで可愛いの装備を固めていくキリコ。キリコの中では、可愛くない ≒ 死 なんだろう。

 

「そうですね。わたし、可愛いんで。」

「てめーらとはちげえんだよブス」

 

キリコが職場の女たちへ向かって放った台詞。

ここまで剥き出しの人間に会ったことがないので分かりませんけど、実際に身近にいたらヤバイな。友達ひとりもおらんな。でも、ほんとにてめーらとは違うのです。だってキリコにとって、可愛くなかったら生きていく価値などないのだから。

 

キリコは行きつけの店のバーテンダー、ユウトに片想いしている。良く言えば友達以上恋人未満的な。悪くいえば、ハイ。ほかの女の子よりは特別だけど、恋人じゃない。たとえ可愛い、と言われても。ある日バーに新しく入った女の従業員がユウトに軽率に手を出す。穏やかなわけがない。酒を女にぶちまけキレ散らかすキリコ。

「私の方がずっとずっと好きだし、

私の方がずっとずっっっと可愛いもん」

ボロボロに泣きながら訴えるも、ユウトは「お前のそういうところが嫌なんだ...」と冷たく突き放す。哀れみの表情を浮かべつつ口角はつり上がっている新人女。

「可愛い」の完全敗北だった。

 

 

足の踏み場もないほど散らかったアパートで、食べかけのお菓子やケーキに埋もれながら廃人と化すキリコ。「可愛い女の子」の象徴であったロングヘアも、自らハサミでザクザクに切り落としてしまう。

そこへやって来るのが仕事で知り合ったデザイナー、幸太。

幸太は他の男とは違って容易く「可愛い」なんて言わない。なんならキリコの可愛い至上主義に否を唱え、可愛いを武器にして男に媚びるキリコをピシャリとはねのけるような人物。

髪は散切りゴミ屋敷のような部屋で嘔吐し始めるキリコを優しく介抱する幸太。こんなに可愛くない姿は見られたくない、というキリコに対して幸太は「可愛いよ。」と声をかける。

 

この幸太の言葉は、キリコの呪縛を一瞬にして解くものだったと思う。グチャグチャに崩れた自分を受け止めてくれた幸太の「可愛い」は、cuteとかbeautifulとか、そんなものではなくて、キリコが心の奥でずっと求めていた言葉を含んでいるものだった。今まで色んな男から言われ続けてきたペラッペラの可愛いとは比べ物にならない。

 

幸太と過ごすようになったキリコは無邪気に笑ったり、ショートカットの髪を幸太に整えてもらったりと幸せな時間を過ごす。過食もしないし嘔吐もしない。このへんの森川葵が可愛すぎる。あー、かわいい、好きだ。

 

本物の「可愛い」をもらって、キリコは幸せになるのか…と思いきや、あらびっくり。幸太の家にアポ無し訪問したらば、女、いる。なんか彼女というよりもはや嫁みたいな雰囲気をガンガンに醸してる女、いる。台所で慣れた手つきで料理してやがる。キリコ完全にフリーズ状態。あてくしも絶句ですね。

気まずそーな幸太、なぜかキリコを家にあげて3人で食卓を囲む。なにこの地獄。耐えきれずに飛び出すキリコ。公園で泣きじゃくる。たぶんあの公園、幸太とふたりで遊んでいたところじゃなかったかしら。ここ記憶曖昧。とりあえず追いかけてきた幸太。とりあえず感がすごい。

「好きでもない人に 可愛いなんて言うなよ」

キリコが幸太に向かって泣きながらこの台詞。完全にキリコの中で「可愛い」の言葉の重さや価値が変わっていたことを如実に表している。ストレートすぎて心に突き刺さった。関係ないのに何故か泣いた。キリコ...キリコ辛いな、苦しいな...

キリコは幸太に縋りつくも、幸太はキリコのもとを去ってしまうのでした。

 

 

物語はこのあたりが核の部分だからその後は別に、うん。一応キリコは前を向いて、安価な可愛いに惑わされずに生きていくことを暗示して終了。しかし救いようのなさが異常。特に幸太なんなんだ。あんなの誰だって騙されるよ。人間不信になるよ。

 

ただ、可愛いの呪縛で苦しんでいるひと、世の中たくさんいるよね。たくさんの可愛いがあるはずなのに、ただ一つの可愛いしか認められない時とかあるじゃない。

そんな時、ひとつの狭い可愛いにとらわれることなく自分を幸せにできる可愛いを見つけられるようになりたいね、と思った。

可愛いを毒にしたらだめだよ。可愛いは薬にするんだよ。なんてね

 

 

 

咳が酷すぎてねむれませんでした。

こんだけ咳してたら休んだ方がいいと思う。こんだけ咳してこんだけ寝れてないんだから休んだ方がいい。休みたい。眠りたい。メンタルは最近普通です。荒ぶってはいません。体調悪いからそこまでエネルギーまわってないんでしょうね。

おやすみ