読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庇護雑記

フィクションだから。

焼け爛れる月

 

 

助けてくださいと大声で言いたい

 

新しく登場した私を蝕む病、ヒステリー球

これ、睡眠中に限って出てきて激痛と苦しみで目が覚める。胸の激痛でのたうちまわりながら浅くしかできない呼吸で気が遠くなる、激痛で引き戻される、呻いたり叫んだりする。治療法、なし。

2017年に治療法なしなんてAIDSぐらいしか許されないだろ、いやAIDSももう特効薬が出来てると思ってたよ5年くらい前は。2017年ってもっと未来感あってもっとすべてが前進してると思ってた、全然だめじゃん。なんかもう政情ヤバイしこの先の日本やら世界の未来に希望抱いてる人間いるの?いたとしたらどんだけお花畑なんだよ、絶望しかないだろ

 

 

話が逸れたから戻すけど本当に死んだ方がマシなくらいに痛い、朝方激痛で目覚めて床で絶叫してる私なんのために生きてるの?週イチで発作その後3日は続くこの痛みに治す方法もないまま生きていく意味ある?少なくとも私は意義を見出すことは出来ない。寒くて薄暗くまだ車も通らないような朝にベランダの手すりを乗り越えようとしたところで、私の絶叫を聞いた母に引きずり下ろされる。ベランダのコンクリートに叩きつけられた私はいま右半身全打撲状態だ。なんだよこれ。全身で無事なところ左脚と顔と頭しかない。

 

いますこし平気になってる

でもまたあの痛みで目が覚める日がすぐそこにあると思うと耐えられない、耐えたくない本当に嫌だ。助けて