庇護雑記

フィクションだから。

 

 

辛さがどうしようもない

虚しくて悲しくて寂しくてすべてがいや

自分のことが心の底から嫌いだ。

 

友達と一緒なら平気だと思っていたのにやっぱり私はダメなようだ。増え続ける病気に苦しみ耐え続ける。未来を語るのは楽しいものなのかな。わたしはそう思えなくて残念な人間だ。そもそも未来なんてないと、頭のどこか隅の方で考えてる。早く終わらせたい。

 

誰にも捨てられたくない

心がボロボロなのはいつ治してくれるの?