庇護雑記

フィクションだから。

なんかもうだいたいロリコンだし

 

そうでしょ。

 

 

全部を放り投げてふらっと誰にも言わずに、最低限のものしか持たずに終点が何地方なのかすらわからない電車に乗りたい。SIMカードを抜いたスマホからアプリを全部消してゆっくりビルが消えていくのをみていたい。そこに音楽があったら最高だ

賭けに出てはみたもののペースが合わないと調子が狂う。だけど上手くいってしまったらそれはそれで困る。モラトリアムな時間だけが延々と続いてほしい、明るいところにはあんまりいきたくないの。私はこのくらいの明かりが丁度いい、今はね。だから引っ張り出されたくない。狙い撃つような照明の前に立たされるのは嫌だ。今は、ね

 

感情と感受性が鈍くなっている。早い。まだ23なのに。今の私と未来の私にとって、23歳の感情と23歳の感受性は何にも代え難いものだというのに、揺さぶられない。電池が切れたみたいになんにも動かないんだ

 

 

昔の、ガラケー時代に更新されていたブログを漁って絶望的に画質の悪い写メを片っ端から保存する。時代に置き去りにされたpodcastの音声データを拾い集めて1つあたり30分〜50分の、約10年ほど前の声に耳を傾ける。10年経っても、声はあまり変わってない。喋り方も同じ。トーンも間の置き方も選ぶ言葉も全部。

10年前でもきっと私は好きだろう。完全なる犯罪になるけれども、その罪すらもギアとなってきっと命を削っても削り足らないくらいに全てを捧げるでしょう。結果全てを失ったとしても、私は安らかな顔で笑みをたたえられるような気がするんだ。中学生の自分よ。そうでしょう、私のことなら。

 

 

そういえばだけど私最後にリンクを貼るのを習慣にしていたのにメンタル仏になってから忘れていましたね。

 

そんな季節でしょう、もう

このMADは鼻兄さんが作ったものでいわば公認のものですね

 

 

 

広告を非表示にする