庇護雑記

フィクションだから。

東京

 

ただ底なしの辛いなぁを持て余しながら帰ることもできずに温かいラテに小銭飛ばしてます。

 

心をすり減らしまくった結果、もうよう分からんのです。大好きな友だちに会っても、何を話せばいいのか、普段自分は何を話してたのか、何で笑ってたんだっけ何が楽しかったんだっけとぐるぐる考えて、昔は考えることなく人と会っていたなぁ、と思い当たったあたりで異常な動悸に苦しめられるこの一連の流れ。

口を開けば生気のない淀んだ言葉しか零れませんのであんまり喋らなくなりました。せっかく人と会っているのに暗いことばかり言ったら申し訳ないですし。頑張って笑ってみたりもしましたが、不意に撮られた1枚を見ると完全に目が死んでいたりして、全然隠せてないじゃんと呆れました。

 

心配するふりして自分だけが可愛い人、によくつけ込まれるんですがどうせやるならもっとうまくやれよと思ったりします。私なら黙って話聞いてくれるとでも思ってるのかしら。ぞんざいに扱われてますよ〜ほんとに。もう、どうでもいいんですけどね。カリカリしても自分が傷つくだけだからすぐ諦めるようになりました。皆こうやって保身に走ってたんですね、知らなかったです。現世ビギナーなもので。

 

短距離型なのは随分と前から自覚はしていたけれども、思った以上に短距離でしたね。ちょっとしたゴールに達してしまったというのもあるけど、なんか脱力しました。全部どうでもよくなっちゃった。心身ともに健康をまず目指しましょうかね。長い道のりだなー。もう6年も経つのに、全然元気になれてないです。大学生になってからというもの身の回りの全てが噛み合わなくなってしまったし、折り合いなんてものもつけられなくなってしまったままもう24歳になりました。24て。めちゃくちゃ大人だと思ってたけど、18歳の頃と何ら変わってないし変われなかった。幼さと同居する危うさ的なものが失われたくらいです。

昔は青空をみると溶け込むような心地にすかっとしましたけど、今ではその脳天気な爽快感に目を覆いたくなります。大人になるということを楽しめる人間に生まれたかった。

 

もう冷たいので捨てて帰りますね。さようなら