庇護雑記

フィクションだから。

☆ is here.

 

認めたくはないですが最近元気です。なぜでしょう。別に何もないんですが、ついうっかりここ1ヶ月ほどすこぶる調子が落ちませんで先日は千葉のド田舎にあるショッピングモールに友人の運転でいきました。夜はコントみたいな豪雨をモロで受けてゲラゲラ笑いながら帰りました。平和ですかね。ちなみに助手席で延々と喋りコーラを飲んでいただけなので私は何ら疲弊していませんでした。

かまってちゃんのの子は、がっくーんと落ちてそこから這い上がる時に曲ができる、って昔から言ってるんですがあれ結構私も分かるところがあって、一回落ちないと筆が進まないんですよね。執筆の話です。しかし落ちるタイミングが待てど暮らせど訪れないのでまあ進んでないです。平穏と引き換えに私の能力が...っていう、贅沢ですね

 

母親孝行の一環で一緒に映画を観に行きました。

 

映画『オトトキ』

 

母が20年以上追っている伝説的ロックバンドthe yellow monkeyのドキュメンタリー『オトトキ』です。私も小4くらいから聴いてます。なんなら私の初ライブは野外フェスに連れていかれてみたイエモンでしたね。余談ですがその時もコントみたいな豪雨に降られて幼女のくせに般若みたいな顔をしていました。

イエモンのメンバー、両親と同年代なんですがちょっとカッコよすぎではないですか?ゆーてうちの親もだいぶ若く見える方ではあるんですが、なんかもうレベルが違いすぎてスターって人間じゃねえのかな?と錯覚し始めます。誰一人としてハゲ散らかしてないしスタイル抜群。ヒーセに至っては今の方が若い頃よりかっこいい気がするのですが。いしだ壱成は未成年にうつつを抜かしてないでちゃんとイエモンの皆さんの頭皮を見習ってください。

 

でこの映画ですが。花の蕾から開花までのイラストに合わせて結成〜解散~再集結の流れを示すシーンがあるのだけど、個人的にそこの作りがすごく好きでしたね。自分は24なものでイエモンの全盛期とその頃の時代背景っていまいち分かってなかったのだけど、阪神の震災のニュース音声とかイラク戦争(たぶん)の中継音声とイエモンの楽曲が一緒に流れて、自分の子供の頃の記憶に空間的な厚みが生まれたっていうか。よく分からないですね。とにかくそういうシーンがあって、とても良かったのです。

 

再集結を果たした後のイエモンのおじさんたち、本当に仲が良くて見てるこちらも微笑んでしまう感じなのですが、人として生きる以上避けられない事柄に直面する場面でも容赦なくカメラがまわってるんですよね。しんどそうだなぁとか、可哀想だなぁとか、おそらく人前に出る仕事をしてる人間にとって、ましてやミュージシャンっていうカッコつけてなんぼの人たちからすれば、そういう弱点のかたまりと化している時の自分ってだいぶ他者には見られたくない部分であると思うのですが、やはりそれすらもカッコいいんですよねえ。悲しみに痺れながらもステージに立つ姿とか、身体の不調に苦しむ姿とか。「痛みに耐えるスター」ってなんであんなに映えるんだろ。全部ドラマになってしまうんだよな。どんな状況でも主人公たちを色づけるものとして自らの世界に引き込んでしまう力を感じました。完全無条件降伏でしょう。バチクソにカッコいいです。

ここまで書いてみてふとイエモンが父親と同世代という現実にめまいが止まらなくなったので壁に頭を打ちつけています。つかこの世には吉井和哉さんを「お父さん」と呼ぶ人間が数名いるんですよね??信じられねえよ????あんなのが父親ってなに?もうクラスの男子とかゴミにしか見えないじゃん。

 

 

 

 

ゴミにしか見えないじゃん。

 

 

THE YELLOW MONKEY is here.

っていうコピーが再結成時に出ていたんですが、これ多分イエモンを追い続けてきたファンにとっては激ヤバワードだと思うんですよね。イズヒアですよ。十数年前に解散したバンドがイズヒアって言ってんだよ。やべえ。おまけに映画のエンドロールに流れてた曲、歌詞の中で「そばにいるよ」的なことを言ってたんだけどやべえだろ。どんな乙女ゲーだよ。もうやべえしか言えないですしIQが3にまで落ちました。それを成長して成人を過ぎた自分の娘と観ているうちの母がちょっと羨ましくなりました。私までイエモン好きで良かっただろ!感謝してくれ!!!とか思いました。冗談ですが。

ほぼデビュー時に子供が生まれーの、小学生になりーの解散しーの大学まで進学しーの卒業しーのバンド再集結ですよ。一緒に代々木の復活ライブへ行きましたし、こうして映画も観てるわけです。母のヒストリーを垣間見た気分にもなりました。20数年って長いですね。歳もとるわけだなぁ…

レジェンドが更新されることって本当に奇跡なんですよね。50年生きることだって難しいし、それだけ長い間音楽を続けることもなかなか出来ることじゃないと思う。もう二度と再結成することが叶わないバンドのことを思うと、現在のオリコンチャートにイエモンの名前をみるってとても幸せなことだと思う。90年代にタイムスリップしたかと目を疑うよ。2017年にその名が刻まれて、その場に立ち会うことが出来た幸せを噛み締めてます。

 

そんな感じです。