庇護雑記

嘘たち

渇望

 

絶対、必ず、約束、初めて、の4語を使ってひたすらに翻弄して根こそぎ骨の髄まで喰い尽くしたい。骨と皮になるまでねぶり倒したら同じ味を感じることが出来るだろうか。かつてのきみが味わった苦い記憶を

きみになりたかった、きみの才能がほしくて、少しでも回路を繋ぎ合わせたくて、きみを追随してしまう。きみの人格を渇望してしまう。

きみをわたしが飲み込んでいたとしたら、もっと美しく、華麗に世界のど真ん中に躍り出ることが出来たかもしれない。きみの足りないほんの少しをわたしがぴたりと埋め合わせられたなら、高い空が落ちて深い海と混ざりあって、だれもみたことのないほどの純粋な青を見せることが出来たかもしれない。

きみの目が、耳が、指が、脳がほしくて、頭の中できみが谺響する。きみが笑い、歌い爪弾く。一定の間隔で目の前を横切る黄色の鉄塊を眺めながら、悲壮を濃縮して窮愁を滲ませながら、わたしは突風をかき分ける。鉄塊が素通りする睫毛が散っていく、走り去る黄色の鉄塊を一瞬にして青に染めたらば、それはわたしという人間を証明したことになる。寂寞が手を握る。頭の中できみが谺響する。きみの声が、きみの言葉が延々とループする。なあ、きみよ好く聴いてくれ。きみよどうか刮目してくれ。

わたしの憧憬が、きみが見蕩れていたこの世でいちばん純粋な青を、つくりだしてあげるよ