庇護雑記

嘘たち

zodiac

 

シンプルに電源がついているだけのテレビから死体農場とかいう言葉が流れてきてビックリした。クレイジージャーニーだった。めちゃめちゃ尖った番組だってことだけは聞いたことがあったけど、見るのは初めてだった。

深夜とはいえ地上波なのに干物みたいになった元人間が映し出されてた。元人間なんて言ったら怒られるかもしれんけど、あれが人間だったものであるとは到底思えなかった。皆あーいう風になるのだしなんならあれと同じだ。あれに名前がつけられて、エネルギーに動かされている。元人間はなんていう名前で生きていたんだろう。

 

久しぶりに文章を読んだ。漢字に変換する言葉、あえてひらがなを使う言葉、行間のあけ方や文章のテンポにそのひとの人格が散りばめられていて、その人格のひとつひとつをわたしは拾い上げることができた。ひとつ残らずではないけれども、わたしは確かにその一言一句から葛藤の中に生きる人格を掬った。これはわたしの愛だ。不安定で無色透明の愛だと思った。きみがアウトプットして作ったきみのコピーから、きみを見い出すことができる。この尊さを、切なさをわたしは抱き締めている。

 

命を動かすのは葛藤だ。幸せと葛藤は共存するのかわたしにはわからないけど、たぶん幸せを感じたとしてもわたしの中から葛藤が消える瞬間はないと思う。あの作り物みたいな元人間になるまで葛藤から解き放たれることはないだろう。でも葛藤こそが現世とわたしを繋ぎとめてるのかもしれないと思ったりもする。

実はの話、人間は作り物だ。プログラムだ。だれかのお昼寝中に拡大していった夢だ。なにを言ってるんだと人は笑うだろうけれども、どれが虚構かなんてたぶん元人間になるときまでわからない。もしかしたら、そこからが本当のスタートかもしれない。そう考えたら、わたしがこれまでに抱いた感情すべてが干物みたいになった時のスパイスになるかもしれない。きみが苦しんで嘆き散らした言葉が香味になっていくかもしれない。

 

犬も食わないような不味い人生でいいのか。わたしは美味しくなりたい。きみもなりたいだろう?

 

なんて

 

クレイジーサマーソルト

 

 

理不尽に対する怒りとかは生き生きと存在してるんだけど、明らかに病み要素が自分から激減してしまった。良いことなんだけど、望んでたことなんだけど、やっぱり衝動がないと納得のいくアウトプットが出来ない。なんて諸刃の剣なの〜〜〜

激しくても感情の波があったほうがそれこそ波に乗れるんだなぁ、でも昔には戻りたくないとも思うよね、、価値観がゼロ100の悪影響がこういう形でまた浮き彫りになってる

 

でも嫌悪の感情はもうちょっと薄まってほしいな

 

 

shinonatsu

 

近しい社会にも世の中全体にも文句が多すぎてしんどい、なにが引き金になったのかわからないけど感情が沸騰しまくってる

医大の女子差別のやつとか、すげえむかつく

点取れてたのに落とされた子たちが可哀想すぎるのと女は結婚出産引退するだろうと決めつけてる大学のジジイ共に嫌悪感しかない全部気持ち悪い

圧倒的に損してると思った。フェミニストに対して今までなんの感情もなかったけど今回ばかりは大いに反論してほしい。どうして老害に若い子の未来を奪われなきゃいけないんでしょうね。バカみたいだな、女って本当に損だな。良いこと何一つないな。乃木坂の子がオフショル着てたらヲタからエロ目線で見られそれに対して怒ったら炎上したらしいけど、なんでオフショルごときでそんな目に遭わなきゃいけないんだろうね。そういう目を向けました、ってなんで本人に言っちゃうのかね。嫌な思いするに決まってるのに。可愛い服を着るだけでワケのわからん方向から火のついた矢が飛んできて、突き刺さって燃え広がるなんて、それこそ訳分からねえだろ

よくツイッターで旦那への文句がバズってるけど、なんかそれみてたら簡単に子供が欲しいとかのたまう男が信用ならなくなった。そもそも自分が産むわけでもないのによくも子供ほしいとか言えるな、、人の命なんだと思ってんだ?ていうかまず自分のDNAが受け継がれることに対してなんの負い目も感じてないあたりやばくないか?自己肯定感高すぎでは?っていう

 

心が荒れている、ここ半年で一番荒れている

 

モンスター

 

弊社にいるセクハラ老害について考えてる

 

基本的にわたしは他人との距離感がバカになってる人が本当に無理で、一度でも引くとシャッター降ろしてしまうんだけどそういう輩はわたしがシャッター降ろしてることすら気付かないのでより無理になっていく、無理の上塗り無理のミルフィーユ...

 

そもそもなぜ、セクハラ老害たちは自分よりも20歳近く下のうら若き子女に対して微塵もウケない下ネタみたいな発言してしまうのか?単純に頭悪すぎるしこれがお前の今までの人生で培われたコミュ力だとするのなら悲惨すぎるだろ、はやく今世諦めて畜生道からやり直しな

中年以降の人間、イキってんのか知らんけどクソほど役に立たない謎の上から目線アドバイスしてくるのなんなんだ?教えを乞う相手くらい自分で選ぶのでずかずかこちらに侵入しないでほしい、距離感バグいい加減にして

 

アイドルの握手会レポをたまにツイッターで見るけど距離感バグを煮詰めたような惨状が広がっていてまじでエグい、ドン引きされるようなことを直接言って楽しんでるやつ普通に存在が罪だと思うけど自覚するときって来るんだろうか。アイドルのスルースキルを見習いたいと思いつつこれはもう生まれ持った精神性だよなと諦めの気持ちも強まっている

 

明らかに表情に出すのとか声のトーンを最大限に下げるとかシカトするとか、まあ大人としては良くない対応だというのはわかってはいるけど理不尽に負けてあげる理由がないし、目には目を、を大義名分として保身のため私なりの刃を向ける権利があるので容赦はしない

 

今度なにか言われたらなんて返そうかな〜と昨日から考えている、「公式ツイッターにセクハラとして実名あげて書きますよ」が一番効きそうな感じがある

 

 

ame

 

ほんまにかわいい顔してるなって嘘でもほんとでもそういう言葉は死ぬまでわたしはペロペロキャンディーにして味わい続けるんだけど、そんなこと露も知らずに生きていくきみのことがとても憎らしくて誇らしいです

gy

 

社交的な場面では努めて明るく振る舞うようにかなり意識してるんだけど、明るくて天真爛漫風の人間を演じすぎて前の自分がわからなくなってしまった。わたしこんな喋り方だったっけ?声のトーンもどれが通常だったか思い出せない。24年も自分をやってきたのにこんなに簡単に新しい鎧を身につけられる自分って一体なんなんだ

1ヶ月くらい前に急性咽頭炎になって、処方薬も飲みきってしまったから自然治癒を待っているけど全然よくならねえ。生命力にガッツが足りなすぎる。古代だったら絶対進化に乗り遅れて種ごと淘汰されてると思う。

喉の粘膜がぶつかるとむせるタイプの苦しさが襲ってくるので喉の動きで一番リスクの少ない声の出し方をするようになったことも喋り方が変わった要因のひとつだと思うんだけど、なんだかとても道化を演じてるような気分になる。気の置けない友達に会って話せば元の自分に戻れるんかな。元のってそもそもなんでしょうね

とある専門的な分野について細かく書かれている知らない人のブログを読んでいて、めちゃめちゃわかりやすく書いてくれていたから何回も読んでいたのだけど、さっきなんの気もなしにこの人普段はどんなこと書いてるんだろうって思って適当に別の記事を開いてみたら「嫁がついにガンになった、ざまあ」って書いてあった。なんというえげつない鎧だよ。わたしの鎧なんてビレッジヴァンガードがダズリン着てるくらいのレベルなのに。

好奇心によって知らないほうがいい幸せを引き寄せるエピソードって大体ホラー映画とかでよく使われる手法だと思うけど、なんかそんな物語の主人公的な地雷を踏んだような気分になった。でも昨日めちゃめちゃいい日だったので相殺した。いい日だったんですよね......まじで...

そんな感じです

 

 

love

 

ロストサタデーじゃん。こんなに空っぽな土曜日を迎えることになるなんて思ってもみなかったよ。なにがって、おっさんずラブの。齢24、人生最高のドラマは池袋ウエストゲートパークと言い続けてきたけどここにきてついに同率一位が誕生してしまった。

がちでこんなにラブストーリーで心かき乱されたの生まれて初めてだ。毎週牧くんを思って泣いたし毎週マジ春田そういうとこやぞと憤慨したし、毎週部長の人の良さとかその他エトセトラにエトセトラしたりしてた。

先ず牧くんという人間があまりにも魅力的すぎたけどこんなに愛されるキャラクター今までのドラマ界にいた?いないでしょ。はるたんもカワイイと純粋と無邪気を濃縮したような奴で本当にもう、可愛さ余って憎さ百倍とはこのことか。いろいろすっ飛ばしてもはや憎い、あんなに天使の牧くんの気持ちを振りまわして独り占めするはるたんが憎たらしくて愛おしくて最強に尊かった。

放送が終わった今この世にはるたんと牧くんが存在しないことがとても苦しい。おっさんずラブが薄れていく現実で生きていくことを受け入れたくない。BSでいいから毎日放送してくれ、映画館で応援上映とかあったらめっちゃ行く。まきはるほのぼのシーンの音楽が流れるタイミングで一緒にリコーダー吹く。なんでこんなに好きなのかわからないけどたぶん日本全国似たような思いを募らせている民がわんさかいると思うんだ、みんな好きだろうまきはるが。わたしはすごく好きです、、

ただただありがとうという気持ち、各方面に向けての感謝の気持ちしかない。すべてのキャストすべての関係者、そしてすべてのまきはるにありがとうと何度でも言える。すべてのまきはるってなんだって感じだけど。おっさんずラブに出会えてよかったし本気で生きてて良かったと思うレベルでいる。素晴らしい愛だった。紛うことなき愛でした。ひとつの作品でこんなに多幸感味わえるなんて思ってもみなかった。

ありがとう君に会えてよかった。