庇護雑記

フィクションだから。

エクストリームロマンス

 

 

曽根崎心中で、心中こそが究極の愛だと訴えて現代でも語り継がれているあたり真理であったりするのだろうなと思うし、自分もそう考えるところがある。

 

噛み合わなくて金属疲労を起こして崩れつつあった人生の歯車が一気に修復されて勢いよく回り始めて、ここからだ、と思った矢先に果たして私はこれで正しいのだろうか、と自ら歯車に金属を差し込んで一旦止めてしまった

正論というものは、いつだって正しいと言えるのだろうか。どんな状況下に置かれているかを加味したとしても、?

 

 

ふたりでマンションの屋上までのぼって貯水タンクまでグミチョコレートパイン、白いはしごに手をかけて手すりを乗り越えて、グミチョコレートパインしよう。次はグーだよ、知ってるよ、あいこでしょあいこでしょ。このままずっとあいこだよ。ずっと一緒だよ。せーの、あいこでしょ

私よりも先にコンクリートに引き寄せられるあなたの額が弾け飛ぶ1秒前に時を止められるような、そんな気がしてたんだ。そんな気がしてたから、どんなに破滅的でも絶望的でも、私はなんとかなるって信じることが出来た。魔法使いとか、超能力者とか、それくらい簡単になれると思ってた。その気になれば私は全てを操ることが出来る、私とあなただけの世界だって簡単に

 

あの大地震が起きた時、私は首都圏だから大きな被害は受けなかったけれどもかなりの揺れを経験したわけで、家のあらゆるものたちがぶつかる音とまるで生きているかのように激しく動くマンションは全く私の言うことを最後まで聞いてくれなくて、止まれ、止まれって心底本気で念じたのにどうしようもできなかったことが私を魔法使いでも超能力者でもないただの人間であることを思い知らせた。怖かった。想像以上に人間が無力であることが。

 

一緒にグミチョコしてあいこで一緒に地面を蹴飛ばしても、私は時を止められない。さいきょうのふたりだとしても、結局はただの人間だから重力に引っ張られて弾けて終わりだ。セカイ系ならいくらでも時を止めることだって巻き戻すことだって出来るけど、残念ながら私たちは人間、あるいは羊であって

 

あなたのため、が自己満足であることなんていくらでもあると思う。ただそれを自覚していないから、あるいはゆがんだ、すれ違った認識をしているから、だから人間は、上手くいかないのだろうな

人間じゃなければ、さいきょうだったのに

 

 

dive

 

 

犠牲を払って何かを掴む覚悟はしてたけど

いざ夢が目の前に転がってくると怖じ気付く

全部が変わるスピードに自分耐えられんのかな

 

不安が大きい

期待なんて正直ほとんどないかもしれない

飛び込むの怖い、ぜんぶひとりなんだもん

 

 

ファッションメンヘラ

 

 

なんなの?

 

私は、自分含め長い付き合いの友達や大事な人など右手すべての指使ってしまうくらいの数の人が本物のそれになってしまって、辛いところも悲惨なところも見ているし、支えたり支えあったりなんやかんやしているから簡単に鬱だとかいう言葉を使われると腸が煮えくり返る

 

 

ここからは私のただの愚痴でしかないけど吐き出すことが私にとって一番の薬だと言われたから書く。自由だろ

 

過保護のカホコというドラマを見ていますか。私は観てるんですけど、チェロに命かけてきたイトちゃんがカホコに叫んだ言葉、同感すぎた

 

お前の人生何が辛いんだよ、いつどの瞬間どのくらい辛かったのか言えよ、苦しい記憶は嫌というほど鮮明に焼き付くんだよ忘れられるわけがねえんだよ、ほら言えよ、言ってみろ

暗い駐車場に眩しくシャッターが光る瞬間をお前は記憶したことがあるか

必死に耳を塞ぎ続けていて本当に音が聞こえなくなったことがお前にあるか

自分の言葉が届かないとわかった瞬間に一音も発することが出来なくなって会話のために大学ノートをボールペンで何冊も埋め尽くしたことがお前にあるのか

高速で滑り込む鉄の塊につけられたオレンジのランプが希望の光に見えたことがお前にあるのか

叫び続けなければ自分が壊れる恐怖と戦ったことが、流れる血で罪を償おうとしたことが、全てが膜に覆われた光景の中で生きたことが、記憶のないままスクランブル交差点を歩いたことが、呼吸の苦しみでのたうち回ったことが、自分が二つに分かれたことが、お前に、お前なんかにあるわけがないだろう

ふざけんな、なめんな

永遠に逃げて避けて守られてろ。

私は全部一人で乗り越えたんだ、誰にも本当の辛さなんて言えないから、言葉になんかして伝えたらまた新鮮な傷となるから、だから一人で全部

絶対に負けない、甘ったれどもに私が負けるわけないんだよ

 

 

 

 

 

願望夢って知ってるか。

まぁ、読んで字のごとく自分の願望がそのまま夢になって見るものなんだけど。初めてあんなに自分の願望が詰め込まれた夢を見てちょー切なくなった。なんか夢の中で薄々勘づいてんだよね。私がこんなに幸せなはずがない、って思っちゃってんだよね。なんかの間違いかなぁとか、化かされてんのかなぁとか、夢なんじゃないかしら、とか。ご名答、これはすべて夢です

 

ただ夢に見ただけあって、自分の心の底からの願いってものをはっきりと自覚したわけで、まぁなんと悲しきことでしょうか。前半分で頑張ってくれてる私には気付かせまいと後ろ半分の自分が抑えつけていたものが限界突破したんだなぁって。キツかったね。いつもコントロール任せてしまってごめんね。もうやだよね。私ひとりで生きていければ何の問題もないんだけどねぇ。

 

たくさん辛くて声あげて泣いて、腕切って、髪までザクザクに切ってしまって、ぼろぼろのままで外に出たけれどもちょっと笑ってぎゅってしてくれて今すぐに死んでしまいたいって思うくらい安心した。

信用してたのに裏切ったカスたちも苦しめるやつらも全部まとめて消してやるからお前は幸せになれよって

あのままいっそ抱きしめ殺してくれたらよかったんだ

 

 

サイコ

 

 

ガラケーの頃、携帯のストラップを何十個もつけている同級生がいた。それか携帯よりもめちゃくちゃでかいぬいぐるみのストラップつけてる子とか。

私はひとつも付けてなかったなぁーってそれは自分らしさの象徴だったなと回顧する

 

興味がなくなったり飽きたり害悪なものをガンガン自分の身から削いでいって、身軽になってみてなんで今までこんなに自分を苦しめるものばかりずるずると引き摺って生きてたんだろうって笑った。

楽だ。息がしやすい。

もういいんだ。自分にプラスになることしかしないしマイナスなものとは手も繋がない。後ろ髪を掴まれても髪くらいすぐ伸びるからくれてやるよ、ハサミで切ってさよならだ

私は生きる私の人生を

誰にも邪魔なんてさせない

いまは自分のためだけに生きる時だ

好きな人とだけ会って好きな音楽だけ聴いて好きなものだけを読んで飲み込んで

私を殺せるのは私の愛するものだけだ

やれるもんならやってみろ

 

 

溶けた電球

 

 

暗がりを売りにする洒落たレストランで、大量に吊り下がっている電球のひとつひとつを見ながら話を少しずつ聞き流していた

右から左にただ抜けていくわけではない。

右から左に香りながら抜けていくのです

この二つの違いがわからない人が多すぎるから、わたしは微妙にほほえみながら聞き流しているわけです

声の香りが分かりますか、私にはわかるんです

だからこそ嫌なことも辛いこともたくさんあった、私にしかわからないあれやこれやが。

 

熱にやられて電球がぐにゃりと曲がって、歪んだ光がたれてくるのを横目に食べるエビとオリーブオイルの料理は格別だったように記憶している

目の先に漂うその香りは、嫌いではありませんでした

 

僕は君のもの

君は僕のもの じゃない

僕は君のもの 君のもの、としての僕

君だけの僕がここにいる

僕だけの君はどこにもいない

君は誰のもの

君は誰のものでもない

僕は誰のもの

僕は

 

 

 

 

今はなにもしたくない

好きなことも出来なくなってる

好きなものがどうでもよくなってしまった

特にこれといった理由はないけど

時間が止まってくれないから、私をこんな目に遭わせる

昔から手に入れなければ気が済まなかった

手に入れられないものなんてなかった

手に入らないもの、なんてものはなかったのに

未来だけがいつまでもくたばってくれない

私の言うことを聞かずにひらりと身をかわして

私の手の中で蹲ってくれないから

だから私はあの溶けたドロドロの光を無理やり掴んで、高温で掌を焼きながら微笑んでる

 

 

 

さよなら人類

 

自分がもし大学になんて行かずに自分のやりたいこと全てに手を出していたら、今とは全く違う人生を歩めていたんだろうか

進学しない、なんていう選択肢なんてなかった。そもそも一つの道しか見えないようになってた。それが今の日本の正解だったからだ。当然の如く大学進学希望者は100%だったし、浪人を除いた全員が大学に行った。

 

あの4年間という、10代と20代を繋ぐ若く新鮮な時間と、親が私に注ぎ込んだ400万弱の学費の全てを別のことにまわしていたら?

23歳の夏を目の前にして、今さら価値観が揺らいできた。私はなんのためだったんだろう。なんのための4年間だったんだろう。もっと違う生き方が出来たはずなのに。もっと早く爪痕を残すことが出来ていたかもしれないし、大きな挑戦だって出来てたかもしれなかった。

変えられない過去を嘆いたところでなんの生産性もないことは分かっているけれども、つまらない大人にだけはなりたくなかったのに早くもつま先が底のない沼に入っているような気がして、走り出さないと何かが決定的に手遅れになる気がした

 

 

大企業に勤める人に以前あった。一応友達ではあるが、私は猜疑心の塊だから彼女が優越感に浸りたいがために私をあの場に引きずり出したんじゃなかろうかと思ってしまう。ああいうタイプの人たちは、結局金にしか興味がないんだ。あーだこーだ理想論と社会への文句を並べたところで、いわゆるの勝ち組に属する彼女はその世界観を支配するものから抜け出すことは出来ないであろう。好きなことやって生きればいい。そうやって生きていくことくらい誰にだって出来る。誰にだってできることがあの子らには出来ないのだ。プライドが絶叫して自由を妨げるからだ。

 

私はあなたに何をされたって構わないんだから、ね。

いつか猫を飼って狭いアパートで暮らしたいのよ

それがきっとしあわせだなんて私は思っているのだけど。

 

私の好きな曲を書いて歌うあの人は、いつも私の求めてるものを歌ってくれて、なんだか自分は間違っていないと思わせてくれるからもっと好きになる、そのサイクルを何百回繰り返しただろうか。

 

他人の人生だから、金と結婚するもよし、金にまみれるもよし。別に私には関係ないし。

ただ私は自分の力で掴みたいもの、それを手中に収めるまでは絶対に流されることなく私は私の道をゆく、と改めて誓った。