庇護雑記

嘘たち

2016-09-12から1日間の記事一覧

童話

一人の少女がいました。 少女の頭の中には幼い頃に、目をじっと見つめながらナイフを持って近付いてきた祖母の顔がしっかりと焼きついていました。その目と銀色に光るナイフの冷たさは一瞬にして五感に刻み込まれ、今でも少女はその鋭利な冷たさを極めてリア…