庇護雑記

フィクションだから。

童話

 

 

一人の少女がいました。

少女の頭の中には幼い頃に、目をじっと見つめながらナイフを持って近付いてきた祖母の顔がしっかりと焼きついていました。その目と銀色に光るナイフの冷たさは一瞬にして五感に刻み込まれ、今でも少女はその鋭利な冷たさを極めてリアルに感じることが出来るのでした。

少女がかき集めた欠片をすべて放ってしまったとき、それは少女の代わりにバラバラに砕け散りました。突風が吹き、鉄の塊が砕いた破片は少女の胸の奥深くへと突き刺さり、透明な血を流しながら少女は歩き始めました。

少女にはたくさんの鎖が繋がれていました。ある日王子様がやってきて、いとも簡単にその一つを断ち切ったのです。少女は喜び、王子の望みを叶えることを約束しました。王子のために少女は手首から血を流し、たくさんの薬を飲み長い時間暗い森の中をさまよいました。それはすべて王子の望んだことでした。王子のためなら、少女はなんだって耐えられたのです。

王子は鋭利な首飾りを少女に与えました。触るだけで怪我をしてしまうほど磨きあげられた銀色の首飾りでした。少女は王子からのプレゼントを喜び、首につけようとした瞬間、あの冷たい感覚が少女を襲いました。強烈な冷たさ、眩しい銀色の光を直視できず、少女は倒れました。王子は倒れた少女の足から脱げてしまった靴を蹴り飛ばし、遠くへ行ってしまいました。

 

雨が降り、少女は一人ぼっちで花を摘みながら雲が流れていくのをひたすら待ち続けるのでした。何のために、誰のために花を摘むのかわからないまま、しかし少女にはそうすることしかできないのでした。厚くどこまでも続く真っ黒な雲が、少女に被さろうとしていました。

それでも少女はひとりで花を摘み続けるのでした。