庇護雑記

嘘たち

早贄

 

 

飛べるようになったばかりのカラスが意気揚々と飛び回っている姿を見て片っ端からぶちのめしていくという悪い妄想に取り憑かれながらノマドワーカーをしている。

次々と羽根を引き抜かれていくことなどつゆも考えていない奴らは、翼がボロボロのスカスカになっていつの間にか高いところを飛べなくなっていることに気付くのにどれほどの時間を要するのだろうか。

鷹になるものもいる。一定数いる。奴らは元はカラスだ。ずる賢くて盲目なカラスだ。率先して路上に転がるゴミ袋に嘴を突っ込み、集合住宅のベランダから針金ハンガーを盗む。スズメが地面をとびはねていれば濁った大きな鳴き声を発して蹴散らす。車に轢かれた猫を見つければ容赦なく腹をつついて腸を引きずり出す。そうして、立派に真っ黒なカラスになっていくのだ。そんなカラスがふとその姿を鏡に映すと、鋭い目つきの鷹として映っていることだろう。おめでとう、エリートの世界。

 

 

 

 

くだらない人生だ、と思わないのだろうか。

頭が良くて優しい人が潰れていく。じわじわと羽根をもがれて動けなくなっていく姿を私は陰から眺めている。私の翼は広がらない。

今、なんとなく思った。戦線で銃を携えて走り始めた仲間のことを、戦線に向かっていく仲間を何列も後から追いかけていた兵士は何を思っていたんだろう。

規模や種類は違えども、本質的にはほぼ同じだ。生きるってことは、たぶん血の流れない戦争だ。

 

 

艶々の黒い羽根を引き抜いてしまいたい衝動に駆られる。遠くの空めがけて羽ばたく姿を撃ち落としてみたい。同じ傷を、同じ痛みを、まだ何も知らない鳥たちに向けて。

 

 

私は、近づいてきたものは食べない。それら全てをお飾りにして本当に求めているものを自分で掴み取る。というか、もうそうするしかないのだ。無防備な生き物は片っ端から捕まえて美しく枝に突き刺してあげる。欲しいものが手に入るまで、適当に小腹を満たすなんてこと、私にはできなかった。

カラスにも鷹にもなれない百舌鳥として。

 

 

 

そうですね。わたし、可愛いんで。

 

チョコレート、アイス、マカロン、ケーキ、可愛いものみんな溶けて、私の一部になればいい

 

可愛いのかたまりを次々と摂取しては吸収しきれずに吐き出されていくドロドロの可愛い

可愛いことだけが正義なのだ

 

可愛い、可愛い、可愛い。

女の子はそれだけで生きていけるのです。

生きる価値があるのです。

 

おんなのこきらい

 

f:id:blessedmary:20170312021511j:image

 

森川葵ちゃんが好きで、観た。結果、鬱である。珍しく、レビューとまではいかないものの映画の個人的な感想を書く。盛大にネタバレをしながら感想を書く。

 

可愛いことを自覚し、可愛いもので身を固め他者からの「可愛い」の声を酸素のごとく必要として生きる主人公キリコ。清々しいほど「わたし可愛い」だから女たちからはめちゃくちゃ嫌われる。でも周りの男たちからは可愛いの声を浴びまくりアイドルのように持ち上げられている。最大の自己肯定である「可愛い」を浴びつつも、なぜか満たされないキリコは可愛いスイーツで心の空洞を埋めようと過食して、嘔吐する日々を送っている。

必死に可愛いを求めるキリコの姿を見ていると、可愛いという言葉がいかに毒々しいかを思い知らされる。

可愛い、という漠然とした概念は、往々にして人を追い詰め、あるいは苦しめ、思考や精神を蝕んでいくものだと思う。

死に物狂いで可愛いの装備を固めていくキリコ。キリコの中では、可愛くない ≒ 死 なんだろう。

 

「そうですね。わたし、可愛いんで。」

「てめーらとはちげえんだよブス」

 

キリコが職場の女たちへ向かって放った台詞。

ここまで剥き出しの人間に会ったことがないので分かりませんけど、実際に身近にいたらヤバイな。友達ひとりもおらんな。でも、ほんとにてめーらとは違うのです。だってキリコにとって、可愛くなかったら生きていく価値などないのだから。

 

キリコは行きつけの店のバーテンダー、ユウトに片想いしている。良く言えば友達以上恋人未満的な。悪くいえば、ハイ。ほかの女の子よりは特別だけど、恋人じゃない。たとえ可愛い、と言われても。ある日バーに新しく入った女の従業員がユウトに軽率に手を出す。穏やかなわけがない。酒を女にぶちまけキレ散らかすキリコ。

「私の方がずっとずっと好きだし、

私の方がずっとずっっっと可愛いもん」

ボロボロに泣きながら訴えるも、ユウトは「お前のそういうところが嫌なんだ...」と冷たく突き放す。哀れみの表情を浮かべつつ口角はつり上がっている新人女。

「可愛い」の完全敗北だった。

 

 

足の踏み場もないほど散らかったアパートで、食べかけのお菓子やケーキに埋もれながら廃人と化すキリコ。「可愛い女の子」の象徴であったロングヘアも、自らハサミでザクザクに切り落としてしまう。

そこへやって来るのが仕事で知り合ったデザイナー、幸太。

幸太は他の男とは違って容易く「可愛い」なんて言わない。なんならキリコの可愛い至上主義に否を唱え、可愛いを武器にして男に媚びるキリコをピシャリとはねのけるような人物。

髪は散切りゴミ屋敷のような部屋で嘔吐し始めるキリコを優しく介抱する幸太。こんなに可愛くない姿は見られたくない、というキリコに対して幸太は「可愛いよ。」と声をかける。

 

この幸太の言葉は、キリコの呪縛を一瞬にして解くものだったと思う。グチャグチャに崩れた自分を受け止めてくれた幸太の「可愛い」は、cuteとかbeautifulとか、そんなものではなくて、キリコが心の奥でずっと求めていた言葉を含んでいるものだった。今まで色んな男から言われ続けてきたペラッペラの可愛いとは比べ物にならない。

 

幸太と過ごすようになったキリコは無邪気に笑ったり、ショートカットの髪を幸太に整えてもらったりと幸せな時間を過ごす。過食もしないし嘔吐もしない。このへんの森川葵が可愛すぎる。あー、かわいい、好きだ。

 

本物の「可愛い」をもらって、キリコは幸せになるのか…と思いきや、あらびっくり。幸太の家にアポ無し訪問したらば、女、いる。なんか彼女というよりもはや嫁みたいな雰囲気をガンガンに醸してる女、いる。台所で慣れた手つきで料理してやがる。キリコ完全にフリーズ状態。あてくしも絶句ですね。

気まずそーな幸太、なぜかキリコを家にあげて3人で食卓を囲む。なにこの地獄。耐えきれずに飛び出すキリコ。公園で泣きじゃくる。たぶんあの公園、幸太とふたりで遊んでいたところじゃなかったかしら。ここ記憶曖昧。とりあえず追いかけてきた幸太。とりあえず感がすごい。

「好きでもない人に 可愛いなんて言うなよ」

キリコが幸太に向かって泣きながらこの台詞。完全にキリコの中で「可愛い」の言葉の重さや価値が変わっていたことを如実に表している。ストレートすぎて心に突き刺さった。関係ないのに何故か泣いた。キリコ...キリコ辛いな、苦しいな...

キリコは幸太に縋りつくも、幸太はキリコのもとを去ってしまうのでした。

 

 

物語はこのあたりが核の部分だからその後は別に、うん。一応キリコは前を向いて、安価な可愛いに惑わされずに生きていくことを暗示して終了。しかし救いようのなさが異常。特に幸太なんなんだ。あんなの誰だって騙されるよ。人間不信になるよ。

 

ただ、可愛いの呪縛で苦しんでいるひと、世の中たくさんいるよね。たくさんの可愛いがあるはずなのに、ただ一つの可愛いしか認められない時とかあるじゃない。

そんな時、ひとつの狭い可愛いにとらわれることなく自分を幸せにできる可愛いを見つけられるようになりたいね、と思った。

可愛いを毒にしたらだめだよ。可愛いは薬にするんだよ。なんてね

 

 

 

咳が酷すぎてねむれませんでした。

こんだけ咳してたら休んだ方がいいと思う。こんだけ咳してこんだけ寝れてないんだから休んだ方がいい。休みたい。眠りたい。メンタルは最近普通です。荒ぶってはいません。体調悪いからそこまでエネルギーまわってないんでしょうね。

おやすみ

 

 

舞い上がる塵

 

寒かった。

冷たい風が容赦なく吹くせいで細かいラメの入ったグロスを丁寧に塗った唇に髪がくっついて最悪だしデニムのスカートですら捲れそうになるし氷みたいに冷えきった手を温めるために自販機で好きでもない甘い飲み物を買った。こいつは駅から徒歩2分の会社につくまでの短い命だ。デスクに置かれたそれは一瞬にしてぬるくなりただの甘すぎる液体に変わったために給湯室のシンクに流れていった。130円。

 

風に吹かれてるうちに自分の身が散り散りになっていく気がした。キーボードを叩く指が自分のものでない感覚に陥る。受話器から話しかけてくる地方の取引先相手の声が非現実味を帯びていくのを感じるけどなかなか現実には引き戻せない。

目を合わせて笑ってみたり、合間に雑談を挟んだりくだらない冗談を言ってみたりしながら、手元の裏紙に書きなぐった呪詛の言葉を誰にも見られないように1枚1枚丁寧にシュレッダーにかけた。裁断されていく音が好きでどんな作業よりも大切に行う。

 

なぜだか悲しかった。いつも改札に立ってるメトロの駅員さんの髪が短くなってたこととか、毎日来る宅配業者の人の肩が雨に濡れてたこと、誰も欲しがってくれない注文書のコードが実は1桁間違ってたこと、投げかけたけど届かずに掴んでもらえなかった声、とか。

私だけが気付いてるけど誰にも引っかからなくて流されていくこと、多分たくさんある。

私が気付くことで私の心にかすり傷ができたとしても、私にはなんの関係のないことだってたくさんある

隣の部署にいて毎日、共通の話題で少しだけ話す地味めの雰囲気の女の人の胸が超でかくてびっくりしたのは今日のことだ。マスカラを変えたせいで私のまつげが抜け落ち始めたまつエクみたいにところどころで長さがバラバラで納得いかずに1日過ごしたことは誰も気付いてない。

私がどんな想いを抱えて笑ってるかなんて誰も分からないだろう。

自分の好きな人の評判をみるとだいたい落胆する。ロリコンとかヒモとかチャラだとか。

それらは私の人生に何の関係もないのに少しだけなにかが削り落とされた気分になる。人の目に晒されないようになるべく早くウィンドウを閉じる。みんなは知らなくていい。

 

誰も知らないうちに私は消えて、はじめからなかったものになっていくのだ。じゃあまたね、バイバイ、と笑顔で手を振って相手が見えなくなった瞬間に真顔に戻ってスマホの画面を見つめるみたいに。振ってた手はポケットに仕舞われてまわれ右して歩き出すみたいに。色んなものにお互いが背を向けあって離れていく。繋いだ手も冷たくなっていくのだ、最後は。そのことを考えて、誰よりも先に考えているから砂みたいにパラパラと目に見えないくらいの細さになって空で散りたいと思ってしまう。強風でどこからか飛ばされてきた新聞紙みたいになるのは無様にも程がある。

 

130円2分の命。私はそれと大差変わらないことに私だけが気付いているこの世界で、あっという間に記憶から流されていくそう遠くない未来に対して、もがくこともせずただぼうっと待っている。待ちながら自販機で買ったまだギリギリあったかいカフェラテを喫煙所で飲みながら下書きを更新して晒す。

 

 

冷たい花

 

 

軽く心配されるのは正直嬉しいけども

だけど過度な心配はかけられないから本当のことなんて言えなかった。言うつもりもなかったけど

嘘なの?って言われたら嘘なのかもしれない。少なくとも真実ではない。だけど演じることに慣れてしまった私はコントローラーが手元にある限りは周りが望むピエロを糸で操るのだ

私はそれでいい、適度に本音は言えているし根っこの部分までは掘り下げられないけれども私はそれで十分だ

きっと土をかき分けて根の一番端まで引っ張り出してしまったら二度と咲けないし二度と立てない

苦痛を養分にする代わりに花を咲かせられるなら私はそれで構わない

美しくない、歪んで濁った色の花になるかもしれないけどそれはそれでひとつの個性として愛でられる日を信じて太陽の光を浴びたい

 

いつの日か

 

 

 

 

最後の夢

 

どうなったっても構わない

私の世界を開放させてもらえるならなんでも

 

書類に2017年と書いているときに思う。未来だと思ってた世界線で今私は生きてる。子供の頃、2017年なんてもうすこし発展してると予想してたけど、相変わらず朝の電車は遅れるし車は空を飛ばない。月までエレベーターで行けるようになると聞いてから何年経っただろう。未だに遠くの空で真っ暗闇にぽつんと白く光っているただの形を変える球でしかない。意外としょぼい現実で、仕事にももう慣れてしまって機械的な毎日を送っている。仕事内容だってもうしょぼく感じる。何のためにこんなことしてるんだろうと思う。何のためにエクセルに数字を打ち込んでコピーをとってハサミを入れてメールを送って電話を繋げているんだろう。無意味だ。退屈で味気ない、変わることといえば体調くらいだ。身体は壊れていくのを止めない。ネジやナットの落下が止まらずに様々な病をコレクションしていく。もううんざりだ。

 

直線だらけの腕が癒えてくると物足りなくなって、新しい叫びを刻みつける。皮膚に冷たい光をあてるたびに普遍的な幸せが遠ざかっていくのを感じる。それでもやめられない。浅いから大したことはない。心の傷に形を与えたいだけ

 

 

いつからこうなってしまったんだろう

いくら手を伸ばしても掴めない、そんなものばかりいつだって私は欲しがって灯台もと暗しな十数年。

 

人に振り回される自分を客観的にみて至極滑稽に感じた。人の話を聞いている暇も面倒を見ている暇も私にはないのに、なにをしているんだろう

と思ってすべてを断ち切っている。断ち切ったところでなにか影響が出るわけじゃない。サンドバッグだっただけだ、とやんわり察した

 

人は恐ろしいし簡単に手のひらを返す。

美しい君だって、腹の中ドロドロだったもんね

 

小さな女の子の死体を大切に抱きしめて愛でている夢を見た。人形のようにピクリとも動かずサラサラの黒い髪と目が印象的だった。薄い色の小さな唇を指でなぞるとひんやりとした冷たさが伝わった。私は少女を誰にも見つからないようにクローゼットの一番奥に押し込んだ

あの子供は、幼い頃の自分であったと思う。

 

 

 

突き破って

 

 

久々に近所のイオンまで年越し料理の食材を買いに行った。サティからイオンへと名前は変わったが店内はサティ時代のままで、時が止まってるように感じた。

サティによく行っていた頃において良い思い出は全くない。友達とは話が合わなかったし、与えられた義務を遂行するかのようにピアノを習い、好きでもない絵を描きながらダサい紺のセーラー服を着て、半分ヤンキーみたいな友達と坂道を下ってこの中途半端な都会であるベッドタウンで退屈な日々をただただ消化していた。あの頃に同じ教室にいた人間のことは何の思い入れもないし会いたいと思うはずもない。つまりこのイオンは、私の中ではサティのままで、ここに来ると私の古い記憶がすべて掘り起こされる言わばパンドラの箱だ。

 

約10年前の今日、サティで買い物をした帰り道に気持ち悪い男に話しかけられ、腕を強く引っ張られ駐車場に連れていかれそうになった。私は持っていたボックスティッシュ6箱セットで顔のあたりをぶん殴り、無理矢理腕を振り払って一番近くにあった花屋に飛び込んだ。あの男の顔と男の背後の夕暮れを未だにハッキリ覚えている。

 

この土地に名残惜しさなどなにもない。一刻も早く離れたい。そう思っていた。

けれどもいざ引っ越しの話が現実味を帯びてくると、何故かすべての景色にノスタルジーを感じた。バカでかいパンドラの箱や、あの忌まわしい駐車場ですら。

 

年女だ。よくもこんなに長く生きたと思う。

こんなに生きているとは思ってもみなかった。自分でも違和感しかない。ただ友人から喝を入れられてから、生きていくことに青いフィルターをかけなくなってきた。自分には大切な存在がたくさんいるという揺るぎない事実が私をいつだって立ち上がらせる。サティでは見つけられなかった、少し外に飛び出して出会うことの出来た大切な人たち。このたくさんの手を、握りしめた私は結局幸せ者なのだ。すべてを手放してしまっていたら、窓の外にノスタルジーなど欠片も感じなかっただろう

 

正月とはいえ普通の1日だ。午後に友人ととある場所に行って、きっと大いに幸せな気持ちでまたこの大嫌いな土地に帰ってくる。

私の左の腕にはまだ消えないたくさんの傷跡があるし、机の上には私を生かす錠剤が転がっている。壊してしまった鏡やちぎったカーテンも捨てそびれたけど、全部全部ひっくるめて、私は私の1年を生きていくでしょう。

 

私を救ってくれた大切なものだけを抱えて。

 

 

 

 

今日は5億年ぶりに一度も死にたいと思わなかったのではなまるください

おやすみなさい