庇護雑記

フィクションだから。

なんかもうだいたいロリコンだし

 

そうでしょ。

 

 

全部を放り投げてふらっと誰にも言わずに、最低限のものしか持たずに終点が何地方なのかすらわからない電車に乗りたい。SIMカードを抜いたスマホからアプリを全部消してゆっくりビルが消えていくのをみていたい。そこに音楽があったら最高だ

賭けに出てはみたもののペースが合わないと調子が狂う。だけど上手くいってしまったらそれはそれで困る。モラトリアムな時間だけが延々と続いてほしい、明るいところにはあんまりいきたくないの。私はこのくらいの明かりが丁度いい、今はね。だから引っ張り出されたくない。狙い撃つような照明の前に立たされるのは嫌だ。今は、ね

 

感情と感受性が鈍くなっている。早い。まだ23なのに。今の私と未来の私にとって、23歳の感情と23歳の感受性は何にも代え難いものだというのに、揺さぶられない。電池が切れたみたいになんにも動かないんだ

 

 

昔の、ガラケー時代に更新されていたブログを漁って絶望的に画質の悪い写メを片っ端から保存する。時代に置き去りにされたpodcastの音声データを拾い集めて1つあたり30分〜50分の、約10年ほど前の声に耳を傾ける。10年経っても、声はあまり変わってない。喋り方も同じ。トーンも間の置き方も選ぶ言葉も全部。

10年前でもきっと私は好きだろう。完全なる犯罪になるけれども、その罪すらもギアとなってきっと命を削っても削り足らないくらいに全てを捧げるでしょう。結果全てを失ったとしても、私は安らかな顔で笑みをたたえられるような気がするんだ。中学生の自分よ。そうでしょう、私のことなら。

 

 

そういえばだけど私最後にリンクを貼るのを習慣にしていたのにメンタル仏になってから忘れていましたね。

 

そんな季節でしょう、もう

このMADは鼻兄さんが作ったものでいわば公認のものですね

 

 

 

されど空の蒼さを知る

 

 

当たり前のことではあるんだけど時間というものは滞ることなく流れてしまっているのであって、このまま東京が核攻撃に遭うだとかテロが起きて非常事態宣言が出されるとか、そんな物騒なよその国の日常が日本に持ち込まれない限り、私は来週戦いの場に引きずり出され丸腰に近い状態で戦わねばならないのです。

学生の頃は、ふつふつと滾る野心を隠し持ちながらも結局は普通のOLになって毎日のルーチンワークをこなしているうちに段々と鎮火してしまって、気付いたらそこそこの生活を営んで、適当な年齢で結婚して、なんていうものを想像しちゃったりしてたんですが運命は私にそんなありふれた人生を用意はしてくれなかったわけで

子供の頃から「うわー私の人生ありふれてねぇなぁ事故多いな」とは思ってたけど事故を起こし続けるとはさすがに思ってはいなくて、かと言って今私が起こした事故は革命に転じる可能性がゼロではなかったりして、今訪れているこの事象を活かすも殺すも私次第なのだと言い聞かせて、残りの猶予期間をなるべく心穏やかに波風立たせることなく過ごしていきたいわけであります

青春を回顧する。未だに私は高校時代の友人と有り得ないくらい頻繁に会っているのでいろんな人の情報が入ってくるのだけど、本当に人生ってものは誰も想像のつかないことが起こるんだなぁ〜って思ったりしてる。卒アルを開くと17歳の私たちがマジ楽しそうに写ってて泣きそうになる。皆さぁ、まさかこの人が、あの子が、デキ婚するなんて、起業するなんて、バンドやるなんて、有名になるなんて、ニートになるなんて、思ってた?私はどれも予想つかなかったよ。

予想のつかないことやらかしたい。

びっくりさせたい、やらかしたい。成功したい。爪痕残したい。ただそれだけだ。

 

 

 

ふるいにかけられてくるよね、なんて言葉が友人の口から零れて、私は無意識のうちに頷いた。仕方がないのよ、ーーは悪くないよ。なんて言われて、また私は無意識のうちに頷いた。

腹が立ちすぎてバトルロワイヤルを二本みた。意外とメッセージ性のある映画でさすが深作欣二だなと思った。無意味にバンバン死ぬ映画じゃない。でも無意味にバンバン死ぬだけの映画を好む奴らに愛でられているのも事実であろう。

それから怒りを見た。久しぶりに泣いた。宮崎あおいと同じくらい泣いた。相当だ。

怒り、なんていうのは信頼が裏切られた時とか愛情が歪んだ時とかそういうものが引き金になって湧き上がる感情なわけで、いつも私が怒る時はやり場のない悔しさや悲しみや失望を怒号で誤魔化していたなぁと思って、なんか色々悲しくなった。人間みたいで気持ち悪いなぁ。

私が攻撃に至る意味を、誰も考えてくれなかった。別に考えてくれっていうわけじゃないけど、ただただ感情的な人間としか思われてないんだろうなって考えると虚しいものです

 

 

連絡を途絶えさせる人、嫌いです

 

 

 

 

ファッキンクソビッチ

 

 

ネット上の友達、顔も見たことないし本当の名前も知らない。大阪に住んでいて、歳は同じで銀行員。私と好きなバンドが同じ。

好きなものが同じな人は、物事を見る角度が近い。その子が「カップルが旅行に行って浴衣着てるツーショ見る度に うわぁ、セじゃん。って嫌悪感でいっぱいになる」とツイートしていて心の底から激しく同意した。禿同ってやつを、した。

 

なんなら街中に溢れる女ども、何すまし顔して歩いてんだよ。どうせお前らもセに溺れてんだろ。気色悪い。全員死ね。とか思ってる。性格が悪いだの、ひねくれだの、あぁなんとでも言えよ。低俗な生物の声なんて私の鼓膜まで届かないんで。私は神聖な人間だから誰も易々と穢すことなどできない。「抱きしめる手なんて選ばなければいくらでもあるわ」ってやつだ。(ポルカドットスティングレイ)

男は何をしていようが平気なんだけど。基本的に蔑視してるから。セに溺れる女が嫌いだ。人間という理性を兼ね備えた生き物に生まれた以上、本能のままに生きるとは非常に愚かなことである、というのは私の持論だ。

そもそもセに溺れる女は頭が悪く、だらしない。やれれば誰でもいいのに自分が需要のある人間、"モテている"と勘違いをしてワンナイトラブドールになるんだ。クズだから結局クズな男しか寄ってこないし、クズ男はクズ女を見抜く能力に長けているため、一滴残らず搾り取れるだけ搾っておいて、搾りカスになったら燃えるゴミにポイだ。果実という名の有機物は中身を食われたらただの生ゴミだ。街を歩けばそこらじゅう生ゴミだらけと考えると気が狂いそうになる。早く焼却処分してくれ。

古来から変わらず女の方が立場は下だ。こんなことを言ったら田嶋のヨウコがブチ切れそうだが事実だから仕方が無い。虐げられるのも縋られるのも捨てられるのも傷つくのも女だ。だからこそ冷静に慎ましく、賢く生きる必要があるのだ。

 

地元の女がデキ婚をして出産した。母子共に健康なことは何よりではあるが、あの女の約7年間の行動パターンを見るに確実に妊娠していなかったら相手の男、つまり現在は夫だが、あいつとは別れていたであろう。断言できる。それくらい、そういう女だったんだ。

デキ婚は一番バカだ。子供が成長して、親の結婚の理由が自分の発生だと知った時どう思うのだろう。私だったら家を出るだろう。無理だ。人間としての尊厳を失っている。

 

価値観は変わらない。私が好きな、厭世的な人々は本能に操られる大多数の人間を嫌悪しながら生きていく。路上に転がる生ゴミを蔑みながら、美しい靴を汚さぬよう綺麗なコンクリートに踵を鳴らして歩いていく。

世の中のクソビッチ共に憐れみの愛を込めて。

 

 

 

 

目の前に伊野尾慧

 

 

がいたのです。

 

 

沼、というものにハマったのは私が就活生の時、24hTVでHey! Say! JUMPがパーソナリティーとして出演していた時のことである。

初めてマトモに顔を見た。断トツに可愛かった。あまりにも顔が可愛すぎた。V6の岡田くんが「伊野尾が可愛い腹が立つ」と言って伊野尾くんが大きく画面に映し出されたわけだけど、本当に可愛かったのだ。衝撃的だった。JUMPって山田涼介と中島裕翔と知念侑李のグループでしょう、と思っていたのに、こんな可愛い子が埋もれていただなんて。

伊野尾くんが爆発的に人気が出たのはその瞬間からだったと思う。伊野尾担、とかいうのが急激に増加したのもその時からだと思う。なぜなら私がそうだから。ロックバンドやサブカル系音楽にしか興味がなかった私をジャニヲタという深い沼まで引きずり落としたのだから。

深夜1時過ぎくらいだっただろうか、もう覚えていないけど、心がズタボロになっていたメンヘラ就活生の前に現れたアイドルは救いそのものだった。画像を漁ってはその顔の造形を隅から隅まで観察して、二重の幅だとか密度の高いまつげだとか、平面にも関わらず弾力が推測できる唇だとかに見蕩れていたわけでした。そんな大学4年の夏でした。

 

月日は流れ社会人2年目、相変わらずわたしは不健康で精神不健全で血の気のない顔に口紅を塗って日本語ロックで聴覚を満たして、ゴールが見えるかすらわからないまま文字を打ち続けて毎日を過ごしてる。約2年の間に色々あった。伊野尾くんも色々あった。仕事の幅が広がって喜ぶべきことが増えてこちらも嬉しかったり、かと思えば知る必要のなかった一面を知らされて本気で落ち込んだりと、伊野尾くんを取り巻く緩急が私の精神的緩急になっていたりした。そこまでになってしまっていたのだ。そこまで結局私は底なしの沼に今も順調に埋まっていて

 

初主演映画が公開になった。いかにもJK向けの青春ラブコメだ。普段バッドエンドやイヤミス好きの私ならば絶対に見るはずのない映画である。好き好んでこんな映画を観るようになったとしたら、私が気が狂った時と思ってくれ。それくらい興味がなかった。でも観にいったのだ。全ては伊野尾くんの銀幕デビュー作だからだ。そのためだけに、舞台挨拶つきの上映まで応募した。

そしたら当たった。

 

 

当たったのだ。舞台挨拶に。私の名義ではないけど、友達がサクッと取りやがった。感謝感激雨あられとはまさにこのことである。しかも前から5列目。めっちゃ通路側。なんなんだこれは

 

当日、私は周囲のガチヲタたちのガチさに怯えた。こんなにいい席は、普通「積んで」入るものなのだ。ジャニヲタの世界には「積む」だの、「相場理解」とかいう言葉が存在する。ガキ共に教えてやろうそれは違法だ、ばかやろう。周りの女がいくら積んだのかは聞かない。わたしは2000円ですなんて言ったら確実にガチヲタ盛り髪厚化粧ピンヒール女に踏み殺されていたと思う。南無阿弥陀仏

 

映画の感想は割愛しますが上映後美月ちゃんと伊野尾くんが出てきた。どうなることかと思っていたけど、周りが騒ぎすぎていたため私のテンションは反比例の如く至極冷静に伊野尾くんの登壇をみていた。冷静に顔をガン見した。可愛かった。すごく可愛かったけど、テレビで見るのと同じだ、と思った。つくづく自分は冷めたつまらない女だ。

マスコミが入って、目が潰れると思うくらいのフラッシュとライトがたかれる中で伊野尾くんが私の隣の通路を通った。伏し目がちに通路を通る伊野尾くんは、顔色も芳しくなく疲れているように見えた。一瞬グレーの覇気のないモヤが見えて、この人は心身が疲れ果ててしまってるのではないかと心配になった。黄色い歓声を浴びて、あんなにも多くのカメラを向けられて、これが伊野尾くんの日常なのか、と思うとなんだか目眩がした。当然だがあんなにもフラッシュをたかれたのは生まれて初めてだ。謝罪会見に引っ張り出されたらこんな感じなんだろうなぁ、なんて思ってた。私、あっち側に行きたかったんだよな、とふと思い出した。頑張れるだろうか。まだ間に合うだろうか。

 

あんなに間近で伊野尾くんを見ることは今後おそらくないだろう。華奢で、肌に疲れのあとが見えて、眠たそうな眩しそうな目をしながら階段を降りていく伊野尾くんは、間違いなく同じ人間だった。とても愛おしい人間だった。それがわかった私はなんて幸せ者だろうか、と思った。

 

アイドルは神格化されがちだけど、やっぱり人間だし、人間であるべきなのだ。人は人として生まれた以上、それを超える要求がなされたら壊れてしまうのではないか。美輪さんとかは平気そうだけど。でもそんなの一握りだと思う。だからいいの。肌が荒れてようが、眠たげであろうが、疲れてようが、人間なのだから当たり前のことだ。私は、伊野尾くんが人間として生きながらギリギリのところで頑張っている姿を見ることが出来て良かった。

 

かみさまになんてならなくていいから、これからも自分らしくあり続けてほしいです。以上。

 

 

 

 

 

 

なんだか自慢たらしいが書きたい。ので書く。

面白かったから。

 

高校1年の頃、私はB組だったのだが、先日G組の同窓会が開かれたそうで当時1Gだった私の友達が出席した。

進級する度にクラスはシャッフルされるので3年過ごせばどこかしらで同じクラスになったり、選択科目の授業で同じ教室で過ごしたりと、約7割くらいの人とは面識はある。まぁそれでも3割くらいは名前と顔を出されてもピンと来ないけど。

 

で、1年次G組、そして3年次で私と同じクラスになったひとりの少年がいる。その人はまあ驚くべきことに私の大ファンであったそうで、同窓会はその話で盛り上がったらしい。友人からリアルタイムでLINEが送られてきた。「~〜君がお前の大ファンだったことが発覚」と。

 

AKB全盛だったあの頃、推しメンなんて言葉がよく使われていたため私を「推し」てくれていた人は何人か聞いたことがあるけど、彼は別格だったそうで、なるほどこれがTOってやつか。と思った。私にトップ・オタが存在したのだ。

TOの彼はことある事に私を推しまくり、私の上ジャーが盗難に遭った時は怒り狂っていたと聞いた。私は当時、どこかに置きっぱなしにしてたら誰かが間違って着てっちゃったんだろうなぁ~くらいにしか思っていなかったから笑った。誰かが悪意を持って隠したとしても、人から恨みを買った覚えは全くもってないし、そもそもそんなことが起こるような学校でもなかったから単純に私が失くしただけだと思う。なんなら茂みを捜索すれば雨ざらしになったボロボロの紺ジャージが出てくるかもしれない。悲惨だ。お願いだから早く土に還っててくれ。でもTOの彼は学校のあちこちを探してくれていたと聞いた。私はその頃2年で、彼のことは全然知らなかったのに。

3年で彼と同じクラスになったとき、偶然隣の席になった。ただ単純にくじ引きで決められた席だ。私は誰とでもとりあえず仲良くできたので、初対面の彼のこともすんなり受け入れ、なんなら馴れ馴れしく参考書を借りたり受験勉強の愚痴まで聞いてもらっていた。彼とはこれまた偶然、志望校と志望学部が同じであったので話しやすかった。彼がクラスのムードメーカー的ポジションだったから尚更だ。「え~同じ学部じゃん〜一緒に頑張ろ~」なんて、安易に喋っていた記憶がある。

 

結果を先に言えば、私は努力を怠ったので普通に第一志望はすってんころりんした。しかし第二志望には引っかかったので個人的にはまぁいいかぁ...しゃーないわぁ、と思っていた。彼は猛然と努力し続け見事第一志望に合格した。

 

私のいない同窓会で彼は、くじ引きで隣の席になった時は心底嬉しかったこと、私に話しかけられる度に一言一句メモを取りたいと思っていたこと、同じ目標を目指していることが発覚した時は何が何でも合格してやる、と思ったのに結果的に別の進路を行くことになったことを嘆くと同時に、自分は胸を張れる学歴を手に入れられたことへの感謝を述べ、その場を盛り上げていたらしい。文字起こししてみるとなかなか気色悪いが、なぜだか不思議と気持ち悪いとは思わなかった。面白かった。いや直接言われたらやっぱ気持ち悪いかもしれない。わかんないや。

そんな彼は今でも私のヲタを続けているそうだ。なんだかもう健気だ。健気さに胸を打たれてインスタのフォロリクを許可した。全く恋愛対象ではないけど、でも本当にありがたい。

 

私みたいな奴を高嶺の花としてくれたこと、ことある事に「〇〇さんが一番」と布教して仲間を増やしてくれていたこと、私ごときを原動力として勉学に励み第一志望に合格したこと、すべてありがたいと思った。人から特別視されるのが本当に嫌で、こんなことを当時の私が知ったらきっと、私は冷たくて最低な人間だから彼を大嫌いになっていただろうに、時の流れを挟んでいるからか全部が嬉しかった。3年次の私のクラスには、学校でその子のことを知らない人はいないくらい超有名なマドンナ的存在の女の子がいたにも関わらず、彼はずっと私を推してくれていた。

 

そんな風に思ってくれている人がいたんだよ、ってことを教えてくれた友達にも感謝だ。

 

そこまで想っていてくれたのなら、私も彼の憧憬像を壊したくないと思った。頑張らなきゃ。腐ってる場合じゃない。がっかりさせたくない。

私のTOの彼が悪女にひっかかることなく、素敵な人と巡り会えることを祈って。

 

 

 

勝ち逃げ

 

 

なんとなく導かれるものを感じて

挑戦くらいはしてみようかなと思った

だめなら逃げればいい、死ぬ寸前までやる

私は他力本願の甘ったれボケとは違う

一緒にされてたまるか

今までずっと自分の爪をたててた

剥げてもボロボロになっても

 

 

てなわけでわたしがスカッと

ストレス解消になる画像集をどうぞ。

 

f:id:blessedmary:20170525014945j:imagef:id:blessedmary:20170525015015j:image

f:id:blessedmary:20170525021009j:imagef:id:blessedmary:20170525021017j:imagef:id:blessedmary:20170525021020j:image

f:id:blessedmary:20170525021736p:image

 

では安らかな気持ちで

おやすみなさい。良い悪夢を。

 

 

初恋

 

 

彼のちぎれた腹から吹き出した血を受け止めた時、私は確かに彼の熱を感じました。私を優しく抱きかかえるかのように、頭のてっぺんから肩へ胸へとねっとりとした執着を浴びました。唇を割って染み入る赤い熱は、非常に甘くいつまでも味わっていられるように思えました。

車輪が動き、彼の身体の中にぴったりと収まっていた中身がボロボロと零れ落ちていきました。それは美しい彼の顔からは到底想像できないほど醜く不気味な塊でした。こんなに美しい人の中に、こんなにも生々しくおどろおどろしいものが入っていたことには驚きましたが、それらが彼を内側から支えていたものだと考えると、その塊すらも道端に凛と咲くタンポポや、町の小学生がまいにちお水をあげてやっと咲かせたチューリップのように、愛らしく気高いものに見えました。彼が隠し持っていた美しいこれらを守らなければ、そんな考えが瞬時に頭をよぎり、私は自分の服を伸ばして彼をかき集めました。彼のためなら、私はなんだって出来たのです。

目眩に襲われ吐き気をもよおしつつもなんとか彼の顔の前までたどり着くと、その顔は真っ赤に染まってはいたものの、表情をつくる筋肉は弛緩しきっており、何の苦しみも感じなかったかのように穏やかな表情を浮かべていました。愛してる、と何度も言ってくれた、だらんと下がった彼の舌を口の中にしまい上下の唇をしっかりと合わせました。そのあたりから、周りの音がより一層騒がしくなったような気がしますが、そこからの記憶は途絶えています。

 

 

最後に浴びた愛する彼のすべては、私にとって永遠に忘れられない感覚なのです。ほんの少しでも彼の存在を感じたくて、自らの腕を噛んだりもしますが、ただひたすらに鉄の味しかしません。あの時感じた甘味は、一体なんだったのでしょう。彼の断片が私の中にまだ残っていると信じて、私は腕を噛み続けているのです。すべては、彼をまた感じるためです。