庇護雑記

嘘たち

童話

一人の少女がいました。 少女の頭の中には、幼い頃に目をじっと見つめながらナイフを握って近付いてきた乳母の顔がしっかりと焼きついていました。その瞳と銀色に光るナイフの冷たさは一瞬にして少女の五感に刻み込まれ、いつでも少女はその鋭利な痛みを鮮明…

灯火

ちょっと悪魔やってみたら面白かった。 私わかるから、わかっちゃうから。ごめんね 何も言ってないのにわかっちゃうの不思議だなあって他人事のように思ってた。そういうの久々だから懐かしむ気分にすらなる。このままでいいのかな?いいわけがないな?でも…

深淵

いろんな変化が起きたり新しい経験が増えた 坂道をゴロゴロボールが転がっていくみたいに毎日がめまぐるしくて正直全くついていけないし、出来ることなら自分だけの世界と空間に閉じこもる生活に戻りたい、、と思ったりもする。未だに。 海辺で花火をした 火…

ゆめ

強く手を引かれるがまま深くて濃い緑の果てまで鋭角の蔦を足首に引っ掛けながらお揃いの幾何学模様を作って戻ることなんてできないねこんなところまで迷い込んでしまったらでもこれがずっと望んでたものでしょ幸せだねって泣いてる小雨に薄められて笑ってる…

あおぞら

なんか。まあ不安に決まってるよね当たり前だよね笑ってる自分が嫌いだおまえ、わらうなよ、なんて思ってしまう例えば誰にでも好かれる明るくてかっこいい男の子がいたとしてその子が口を開かない限りは親の負債を押し付けられて夜逃げまわって売り飛ばされ…

xmscra

潮時だ一昨日の幸せを忘れてはいけない昨日の幸せも忘れてはいけない私には大切な人が、ものが、記憶が、たくさんあるはずなのにありあまるほどあるはずなのになんで全部見えなくなるんだ何度確かめても何度証明しても私はぶっ壊れているから視界に霧がかか…

ilxo

はしれ、とべわたしはつよいぞお前らなんかよりもなんぜんばいもつよいんだからな

にがい

もうやめよう得意でしょハサミばっつんばっつん切っていいよ絡まってるもの全部ちょん切っていいよあ、青色だけは避けてね爆発して一緒に吹っ飛んじゃうよ緑のアイスが好きだって言ったじゃない何にも覚えてないんだからトムヤムクンだけは大丈夫だったって…

混雑

物語は一般的にハッピーエンドが好まれる。多くのフィクションにはハッピーエンドが用意されている。主人公に選ばれた人は様々な困難を乗り越え、ゴールのハッピーエンドを手にする。そして感動的な音楽とともにエンドロールが流れる。万人が納得、満足する…

まわる

真夏の高校 体育館の暑さとかリプトンの紙パック500ml バレーボールが飛んできて中身がこぼれる誰かのジャージが積み重なったロッカーの上埋もれるリラックマのぬいぐるみ並べられた赤本中庭の木陰 風で散らばるトランプねえサフランって何時までだっけ誰か…

そめる

今さらながら靖子ちゃんの1stメジャーアルバム「洗脳」がとても良い 全部好きだけどyoutubeにない曲の中なら子供じゃないもん17と焼肉デートが好き 嫌いな食べ物教えといたじゃん 全然覚えてくれてないなんて see see see いつか死ぬ時一緒じゃなくていいっ…

たえる

やっぱり夢なんてみられない叶ったためしがないから期待をするなんて無駄だ最後は裏切られるからきえていく私は取り残される波打ち際から動けないのが私足下の砂が波に掬われてバランスを崩すのが私雨の降るなか傘を差して校庭を歩いてる朝礼台まで雨に濡れ…

私的檸檬

教授が言ってた「人生はバランスシートではない」という言葉がすごく頭に残ってる。自分の辿って来た道を振り返る時にどの方角を見るかで全く違う結果になると。 夜中にベランダに出る。身を切るような寒さが生きてる実感を強引に押し付けてくる。でもここ…

褪せる

記憶を突き放すことができない冷たい水の上を跳ねていった石木陰で出来たモザイクに重なる影涼しい風に揺れる黒い前髪握りつぶせないじゃがいも吹きこぼれて消えるコンロの青い火夢みたい 夢みたいな現実私だけに笑ってくれたこと泣いてくれたことあのひとつ…

%

軽々しい言葉とか優しさとか信用できないからやめてって思ってたのにあなたは一人ではないのですとか、今までよく一人で耐えてきましたねとか言われると何かがずさあーーって崩れて行くのがよく分かる 所詮は虚勢を張っているだけでこの形をとどめていること…

再生

初めてこんなことを人に言った 言ったというか言ってしまったの方が正しいか。 合わないピースを無理やりはめ込んでそれで出来る隙間も見えないふりして、綺麗な絵にならなくても一面を同じ色に塗ってしまえば一応は完成するって信じてた でも大きい額縁に…

きえる

透明な弾丸が飛び交ってることきっと皆は分からないでしょ、でも私には全部見えちゃってるんだよだから人よりもたくさん壊れちゃうんだよ。 私がもっとめちゃくちゃにぐちゃぐちゃにボロボロになれば満足だったのかな。目に見えるほどに壊れた私の姿を見れ…

フェイクス

慢性的なものかもしれない。繰り返し映される まあ、がんばってね温度の感じられないそれは映像の中の彼を締め続けただろう周りの子達みたいにうまく逆上がりができない、暗い中浮かび上がるあのシルエット。それでもなお投げかけられるまあ、がんばってね。…